「新宿センター街」に看板がかかる/アメリカンブルーバード前のロッテリアがバーガーキングへ

→ソース(歌舞伎町おまけブログ)

知名度ゼロだった「新宿センター街」に看板がかかったそうです。「思い出の抜け道」……開発対策でしょうか、不動産価値向上でしょうかね。このエリアは歌舞伎町唯一の入り組んだ場所で、不動産業者も建物単位じゃないカタチで複数入り込んでます。

新宿センター街付近、大半は安全ですけど、仮設ブロックの中では未だに問題ある店(店から連れ出される)も一部あるらしいので、一杯の額、または総額を訊いてから飲むとかしたほうがいいと思いますよ。

確かにあの通り、老人とかオカマの人も居るし、早朝からしかやってない伝説の店とか、マラカスを振る店とか、中華屋二軒とか、昔の青竜刀事件とか、いろいろある場所で…いろんな思い出があったりして。

他にも、歌舞伎町おまけブログによると→(こちら)
西武新宿駅近くのロッテリアがバーガーキングになったそうです。こちらはリヴァンプによるロッテリア再建の一環でしょうね。クリスピークリームドーナツも歌舞伎町に出してよ。

大久保はなぜ実質的コリアタウンになったのか

→ソース(フジサンケイビジネスアイ)

新大久保商店街振興組合理事長も、韓人会も揃ってコリアタウン化に反対、「地元に根付いた“大久保人”として、日本人や他国出身の人と力を合わせて街の発展に尽くしたい」と、大久保人にこだわりすぎてるのって、なんだかなぁと思います。共存共栄しか方法がないのも確かですが。

そもそも大久保駅以西に日本国旗を模した旗がはためいてた時期があって、ナショナリズムが過ぎる感じ。

BERG(ベルク)の店長の本が4日発売。Amazonではページ閲覧後の購入率が77%とすごい数字

新宿ルミネエストから退店勧告を受けていて応援運動がもりあがるベルクですが、本が出ました。僕もベルクの件はラジオのゆうゆうワイドで採り上げられたときは影響力すげえなあと思いましたが。

amazonに新機能がついていて、トップページに戻ると この商品を見た後に買っているのは? というのがあって、ページ閲覧後の購入率が77%っていうのはすごい(専門書だと50%くらい。)
気になる人は上のリンクから買うと2日くらい後には読めますよ。

歌舞伎町商店街振興組合事務局長の城さんの個人ブログがスタート/職質で声掛けて実際に半分以上7割近くの者が刃物を持つ現実

●関連サイト
http://jo-kabukicho.blog.so-net.ne.jp/

歌舞伎町のまっとうな現実がここにある訳ですが、「7割」のデータはあんまり安心できるもんじゃないですね。まーでも多分にサバイバルナイフ系が多いと思いますし、仕事でもってたようなカッターでも引っ張られてるということもあるんじゃないのかなぁ。

しかし「引き締めている」という意味あいもあるんだろうけど、黒バックな所が歌舞伎町のイメージ感なのかなぁ。

※当方のアドレス記入ミスで飛ばなくなっていたので再度訂正しました