新宿御苑のパトリオットミサイル(PAC3)展開訓練、新テロ対策特措法審議中を考慮し年内見送り

→ソース(時事)  (MSN産経 IZA)

産経はこういうネタだけは早いなー。

周囲にビルなどの遮蔽(しゃへい)物があるとレーダー、管制装置、通信機器が正確に機能しない恐れがあるため、訓練は実戦同様の環境でレーダーの感度や通信状況を確認することにある。(産経部分引用・前後略)

もともとは9月にやる予定だったのが安倍問題で12月になって、さらに先送り。射程20キロ以内って、飛散物は散らないのか、どんだけ実用になるのか。あと実際たとえばどこかから飛んできた相手のミサイルが核だった場合更なる汚染になんないのか気になる。

今後関東の各基地(9基地14部隊)には配備されるみたいですけどね。

新宿バルト9は混雑時の業務フローに問題がある件(ネットで予約すれば快適ですが)

→電気林檎出張所

この人はものすごく怒ってますけど…
休日+人気作ピーク時とかは、エレベータホールが混みすぎて、エレベータまですらたどりつかないこともあるんで新宿素人の人はつらいかも。エレベータがダメな時はエスカレータ乗りますけどね。

ただ確かに東宝等のシネコンにしては混雑時の処理に非常に問題あり。郊外館ほど余裕ないんだろうなぁ。空いてる日、空いてる時間を探すべきですね。はてなとかでは「ネットで予約すると快適」という意見あり。

代々木アニメーション学院の再建を外資、RHJインターナショナル(旧リップルウッド)が支援

→ソース(日経)

代々木の前会長は、放漫経営で有名でしたからね。うちの知り合いでもテレビCMとか雑誌広告のお金が長く未収だった所がありましたから。マンガも出版産業の縮小による単行本初版部数の低下から志望者が減ってますし、アニメ産業は低賃金なのが知れ渡って志望者は正直厳しいところがあると思うんですが、社会人にやらせるより、むしろ最近外注率が非常に激化しているアジアの人たちを留学で入れたほうが実りがあるような…。中国ではアニメクリエイターは先端で、オタク呼ばわりされないみたいですよ! うちの知り合いも韓国中国からさらに南下してベトナムとかタイでアニメ作ってるもの。

あるいは、現状の年季の入ったプロアニメーターにいわゆるデジタル環境の再教育とか、手を早くして収入増する手段を教えるとか。

釣りができる居酒屋ざうお新宿店(ワシントンホテル1F)、午後6時には満卓の立ち飲み日本再生酒場(新宿三丁目)、歴史のある飲み屋「どん底」(同)が流行る理由

→ソース(ホールマンの飲食日記)

取引先ぽいですが(この人の会社の直営の店舗があって、魚つかみ取りとかの個性的なイベントで家族連れを引き寄せている)、さすが飲食やってる人の視点は一味違うというか。写真も多数。西新宿にあるざうおは「必ず高級食材も泳がせている」「しったかを入れて、イケスを綺麗にしている」「電話がかかってきた瞬間にPCが立ち上がりPC上で処理してしまう」
日本再生酒場は「(おそらく)日本全国で一番もつ焼きを売る」「9坪前後しかなく立ち飲み」「肩と肩がぶつかりながら飲むほど混んでいる」「一切妥協しない食材にプロの焼き手」仕事先を連れて行ったら「商品に魂がこもっている。」と絶賛。
あとはどん底が掲載されています。歴史は56年ありつたが生えた年季の入った建物で「三島由紀夫も飲んだカクテル」「安いし、とっても美味しかった」「何の変哲もない、安そうなグラスに注がれているのもなんとも言えない味がある。」「このお店は土地、建物もオーナーの持ち物」

えらく勉強になる視点なので大目に要約してしまいましたが、駅から近くないのエリアの繁盛店はたしかにものすごく個性的な所が多いですから、改めて気になりますね。

残念ながら夏でブログが中断している模様。何があったのやら。

ホストクラブCLUB PRINCEからJ-WAVE(FM)が生中継

→ソース(BARKS)(トーチュウ)

中村うさぎさんとくらたまも出るとか。僕も相当昔音楽プロモートの方々と丁々発止していた時期がありましたが、(グループの)CLUB PRINCE自体がAVEXで、HP見るといきなりプロモが流れてたりするし、なんだかこーいうのはAVEX側からお金出てそうだなぁ。(ナショナルスポンサーでもつかない限り、メインが生中継って通常利点がないとやらないんですよね、局側に金銭的負担がかかるから)。また、くらたま氏らがコンビで出る活動もだいぶ前に一段落している(本に関しては特に)のもそう推測する理由。

日本テレビ「スッキリ!」が指摘、防犯カメラのあるところは逆に警察の取り締まりが甘い

→ソース(J-cast)

場面変わって顔を隠し音声を機械的に変えている録画では、10年以上新宿の店舗でオーナー経験があるという男性が登場した。男性によると、「おっぱい触れるよ、5000円」などという、特に外国人客引きについていくと「ドカンとやられます」。酒を飲んだ時点ですでに「終わり」だそうだ。酒に薬を仕込まれており、客はすぐにふらふらになり寝入ってしまう。後は財布から現金、カードを抜き取る手はずで、「10何万円」はぼったくられることになる。

かなり「古典的」な話題であまり「驚き感」はない。(ソース部分引用。前後略)

いや、J-CASTの人はぼったくり条例が出来てんの知らないのかな。日本人は、比較的遵守してるから大きいぼったくり店は殆ど無くなった訳ですが、結局外人のみの店舗とかが特に守ってないんだよね。まあ外国人だけじゃなくて古くから生業としてやってるヤクザと結託してるおばちゃんなんかは今でも細々ぼったくってますが。

番組で指摘している、カメラがあるから来ない、というのはありますねぇ。確かに。下手すると映ってるから安心だと思って通報もしないでしまう安心感がありますが、後から摘発につながることはそんなに多くないでしょう。というかカメラに対する警戒心って低いと思います。だって正々堂々とカメラの映るエリアで盗みとか働いてる人みるもん、たまに。

勝谷誠彦談「客引きには絶対付いて行かない、付いて行ってもいい事はない、世界の原則です」。(引用元同上)

このおっさん、テレビでまともなこということもあるんだね。あと「情報のない店には行かないほうがいい」というのもある。

アメーバニュースは歌舞伎町好き

→ソース(AmebaNews)

絶対夜の業界系の知り合いの人が書いてるような気がするアメーバの歌舞伎町記事ですが、
深夜になると最盛期には考えられないほど人通りが少ない。ホストクラブも深夜から早朝営業に切り替えている店が多いせいか、場所によっては人がいないところさえある。
これはアメーバニュースにしては珍しく本当。人口密度本当に減ってますよねぇ。区も、またカチカチと調査すればいいのに。

人は居ないけど、発砲もほとんど無くなった訳で、体感治安はあがってるという皮肉な状況。商業地なのに静か!だから「暮らし」ていけるレベルになってますね、確かに。

ジャッキーチェンの映画「新宿事件」、あとは「スタジオで撮る」

ソースは関係者経由の人づて伝聞

みかじめが複雑化してるので、「払うよりもセットを組んだほうが安い」ということで、そろそろ撮影終了、既にロケハンしてる所でも一部撮らないところがあるとか(関係者人づて伝聞につき不正確かつ非公式見解)。国内映画「龍が如く」でさえずいぶん歌舞伎町で撮影してましたけどあれはセガサミーの力? 実際に撮るより「セットを組んだほうが楽」、っていったい(みかじめ)どんだけ取るんだよ歌舞伎町ヤクザ。実際は歌舞伎町の縄張りは入り組んでいるので、下手に1つのビルや路地で撮るだけでも相手が複数で複雑化、ということなんでしょうけど。

というか、最初から「新宿では撮れないからセットで…」なんて撮影前から発言はしてましたけど、一応クリーンに撮る方向なんですかね。

まあ、香港台湾の裏ルートとか(は使ってないんでしょうが、それ)ではカバーしきれないんでしょうね(香港のマフィアは国内で時折大きな事件活動してますし、台湾なんかは、大物ヤクザの人が死ぬとテレビで礼賛されたり日本の有名人や組関係大物が行ったりするくらい日本のそれと密接ですが…)。→参考になる記事

Vシネなんかはルートでなんとかなるんでしょうけど、歌舞伎町には「安全に大物が撮影できる」ようにフィルムコミッションを作るべきだと思うんだけどなぁ。そうじゃないと親善大使どこじゃないでしょ。