歌声喫茶ともしびに2007/12/26 18:30頃八反安未果が飛び入りといってるが

→ソース(スポニチ)

芸能だと事前に新宿駅前のステーションスクエアで会場取ってんのに「ゲリラライブ」とかよく言ってますが、これもこんな前から決まってて「飛びいり」というのは笑っちゃうしかないですね。ともしびの場所は歌舞伎町の対面側、靖国通り沿いのケンタッキーの上のほう。

2007/12/21警視総監が歌舞伎町を巡視

→ソース(時事)、(産経)

これこそ警察のパレードだと思うんだけどなぁ。あんまりキャラクターの強くない人のせいか報道も控えめ、「歌舞伎町は犯罪の温床になっている地区。違法風俗店や暴力団の取り締まりを推進していく」(産経部分引用)とのコメントもあまり面白くない。

中央環状線新宿-池袋が開通

→ソース(東京) (産経) (日経) (読売) (朝日)

朝日は地図つき。産経では近藤真彦がテープカット。

(前略)今回開通区間の事業費は約4600億円。ほとんどが山手通りの地下約30メートルを通るトンネル構造。熊野町ジャンクションで池袋線と、新設の西新宿ジャンクションで新宿線とそれぞれ接続する。都心環状線の交通量を減らす目的のため、いずれのジャンクションも今回開通区間と都心方向との行き来はできない。(朝日ソース部分引用)

えー。これ便利なのかよくわかんない… 実際どうだったかの体験レポートはこちら→(読売) 
ひっそり廃止された入口のレポートはこちら(OhmyNEWS)

開通早々大渋滞といってるメディアも(レスポンス)

ルミネエスト壁面にクリスマスメッセージを投影。Webで募集

→ソース(新宿経済新聞)

(地下の)ベルクを追い出すのを辞めてほしいなぁ。というメッセージを送ったらどうなるんでしょうね。削除? ついトラックバックも送っちゃいました(笑)。
○キャンペーンサイト
http://www.lumine.ne.jp/campaign/Xmas07/

○BERG関連記事
http://news.urashinjuku.com/article/7260328.html

新宿駅周辺の職務質問に共産党機関紙・赤旗が批判。1年半で7回会えばそりゃそうだよね

→ソース(赤旗)

(1)迷彩服(2)鎖やカギをつけている(3)気が弱そう(4)バンダナをしている(5)革製品を着ている―などの特徴を備えた人に注目。「往々にしてナイフを持っているから」というのが理由でした。(ソース部分引用)

なるほど。しかし気が弱そうだとナイフを持っているってもろおたく狩りじゃないか。迷彩服やバンダナはややオタクファッションだからなー。アキバの人が声かけられるのはそのせいか。そうじゃなくても声かけられるけどね、前の人が終わってそのあとを歩いてたりすると。あとネット情報によると、スキンへッドや髭とかサングラスも狙われやすいとか。

日本国民救援会の瑞慶覧淳事務局長は「職質は警察官職務執行法二条で異常な挙動や、『犯罪の疑い』がある場合に認められている。むやみやたらにできるものじゃない。戦前の反省から国民の人権を侵さないように警察官の活動を制限している。警察は、テロや不審者など社会不安をあおり国民の監視を強めているのではないか」と話します。

日本国民救援会…!まあそっち方向に話を持っていくよね。媒体が媒体だし。

実際は単に点数のためにやってんじゃないの、と思うが。これって警察側の指針に問題があるんじゃないか。少なくともこれは竹花さんとかどう思ってんのよ。

たまに作家(嶽本野ばら)の所持物から覚せい剤とか出てくるから、たまーには効果が上がってるということはできるでしょうが…!

バラバラ殺人(夫殺害のほう)の裁判初公判は2007/12/20

→ソース(東京)

あのときは年末年始にかけてバラバラ殺人ブームにでもなるんじゃないかという勢いの報道ぶりでしたからね…

(前略)殺人と死体損壊などの罪に問われた妻歌織被告(33)の初公判を20日に開くことを決めた。事前に争点を絞り込む公判前整理手続きが17日に開かれ、検察、弁護双方も合意した。(後略・ソース部分引用)

・主な争点=犯行経緯や動機、犯行時責任能力。
・弁護側=捜査段階の一部供述についても任意性を争う。
・検察側、弁護側が各自請求する鑑定人2人が精神鑑定を実施。
・2月下旬まで約10回の集中審理
・その後結審予定。

かつて早稲田にもあった泥酔者保護所(トラ箱)、都内から廃止

→ソース(産経・IZA)

・昭和35年に鳥居坂と日本堤に設置。45年に三鷹にも設置。
・昭和52年に早稲田に設置された。
・昭和47年頃は年間12798人になりピーク。
・トラの由来は酒をササと呼ぶことにちなむ。
・警察署にも保護室が1-2部屋あるのでトラ箱を使わなくても間に合うようになって平成になり順次閉鎖された。(早稲田も)
・酒類消費は増えており、泥酔者は減っている理由について考察。(リンク先参照)

とのこと、早稲田は先に廃止されちゃってるのね。しかし、新宿で寝てたら早稲田に運搬されてる…なんてことは日常茶飯事だったのでしょうか。

荒れた歌舞伎町を再生した人々…とはいうけれど

…実際には、一般店舗の進出は多いものの、平日は商業地としては年末以外はやや荒廃してるんですけど。まぁいいか…。タクシー業者に聞いたら、「今年は(年末)大久保の(地下鉄)工事エリア(車線が減っている場所)でタクシーがまったく渋滞することがない。おかしい」といってました。

→ソース(BPnet SAFETY JAPAN)
※翌日以降は2ページ目以降の閲覧に会員登録要

読めなかった人のために要約。でも会員になってでも読んでいただきたい。

要約引用 危機管理産業展のセミナー
<竹花(元副知事)氏>
・竹花元副知事は平成15年に招かれた
・当時は暴力団に加え中国マフィアまで入りこみ危険状態
・治安再生の柱として歌舞伎町を安全に。日本の治安再生の象徴になる。警察庁も警視庁も政府も同じ思い
・当時の歌舞伎町は道にごみが散乱、風俗店の置き看板が溢れ、客引きがうようよ
・暴力団が週2-3回地回りに来る
<中山(区長)氏>
・(当選当時)少子高齢化への対応とまちづくりが課題として明確
・歌舞伎町のイメージが新宿を作っておりその再生が急務
<竹花氏>
・着任時、石原都知事から「(略)あなたは治安のプロだろう。わたしの仕事はあんたをここに連れてきたことだ。あなたの思うようにやってくれ」と言われた
・警察でないのでまず1つは街の掃除、もう1つはJR新宿駅東口のホスト看板の撤去
・清掃は「日本を美しくする会」が支援
・ホスト全員が悪いとはいえないが中にはだますような悪い奴もいる。ホストの看板が新宿駅の玄関にあるのはいけないと思った
<中山氏>
・(清掃で)街が見違えるようにきれいになると、地元も関心を持ち、区の職員も一緒に掃除をするようになった
・路上看板は警察と連携して指導したところ200以上の看板を店が自主的に片付けたため7件の撤去で済んだ
・1000台の放置自転車も自転車の置ける区画を設けて撤去