コマ劇場真裏のホワイト急便、(推定)3年目でひっそりと閉店

ソースは目視
花道通り沿い東宝会館裏手の角地にあるホワイト急便(クリーニング店)が閉店していました。

歌舞伎町、クリーニングできる店が減ってきてるなぁー。昔は東宝会館の中の同業店が24時間だったのでよく使ってたんですが。今だと交番右の路地にあるクリーニング店は現存ですが、他にいくつあるんだろ。

つきじ喜代村すしざんまいの東新宿店が2007/11/29 午前11:00オープン 24時間営業

→HP

職安通りと区役所通りの交差点の所に長らく空いていた物件がありましたが(赤札堂左2軒となり)、そこの1FとB1が、築地では24時間営業でおなじみのすしざんまいになりました。もちろん東新宿でも24時間営業。

回転ではなく、いちおう両フロアにカウンターとテーブル席があるのが特徴。早速開店時に食べてきましたのできょうの夜、久々に「新宿無駄写真」にてご紹介します。(無駄写真へのリンクは当Blog右列の記事一覧より飛んでください)

ちょうどそのビルの左となりにあった寿司屋がビル取り壊しでなくなって久しいので、実はライバルも少ないし、朝や昼に寿司が食べたい時など結構便利に重宝するかも。

真っ先に思ったのは、あの寿司屋が残っていたら、強力なライバルが隣で営業してて大変だろうな、ってことでしたね。

主要新聞朝刊東京面に割引券入り広告が出ています(朝日で確認)。また周囲で配ってるチラシに1000円引券あり。マグロ大王こと社長もご来店でした。

男の墓場ラーメンブログで味の時計台に秀逸表現

→ソース(男の墓場プロダクション)

(前略)何かの広告でラーメン丼一面を覆う特大チャーシューの写真を見て「食べたい!」と思い、次の日に一人時計台の側をうろうろしつつ食べに行った思い出があります。正直当時の味を覚えている筈もないですが、思い出がフィードバックして今食べているラーメンの味を上書きしている様な感覚を覚えます。(後略・ソース部分引用)

そうそう、時計台の味って「思い出の上書き」なんですよ。たとえ実際に行ったことが無いとしてもね。新宿店の内装と味は、北海道に行ったときに「行かなかったお店」という思い出を上書きしてる感じが僕もする。

ちなみに男の墓場プロダクションはなぜかサブカル漫画家からラッパー(歌手)を経由し映画監督化しつつある杉作J太郎のプロジェクト。最新作は夕刊紙の名作「やる気まんまん」の実写映画化。年末クランクインには吾妻ひでおの「チョコレート・デリンジャー」が決定しています。

BERG(新宿駅東口地下)がルミネから退店勧告に困っている

→ソース(直)

個人店はお客さん側から何かアクションを起こさないと厳しそうなのが、今月のベルグ通信でも云われてましたが。少なくともmixiのコミュとかOFFの人は(mixiではBERG待ち合わせが通例になっている)行動すべきかと。BERGが無くなると困る人って結構いるんですよね。

とりあえず資料請求してみるといいと思います。

「しんじゅくのみらい」連作アニメがWebで公開

新宿tubeというのを並行してやってくことにしました。単なるYoutube動画の紹介サイトですが新宿エリア前提で抽出します。

これによって新宿放送局並みの情報量が維持できたらいいな、と。

で、早速ですが1本目。新宿駅南口再開発「新宿ID」絡みでウェブアニメーションが公開されています。Youtubeでの公開は1日前なので、僕が見た時点ではまだ11人しか見られていませんでした。1日で11PV!税金の無駄遣い!だと思いはしましたが、時間がたてばPVも伸びるでしょう。

→動画はこちらへ(新宿tube)

シネシティフェスティバルが開始

→ソース(エキサイト)

ラジオCMが深夜早朝のニッポン放送で流れてました。あの枠安いんだよね。うちも20年くらい前にはあの枠でCM流してたことがあります。googleでシネフェスを検索すると2007のサイトより2006のほうが検索順位が上なんで、ちょっと努力が足りないかと思います。

●関連サイト
シネフェス公式サイト2007

花園神社で二の酉

11/22前夜祭 11/23本祭

一の酉は雨でしたので、ほとんど熊手買い控え傾向。二の酉は盛り上がる予感ですのでぜひともきょう明日は花園神社へ。

深夜まで、屋台で微妙な筋の方々の間でお酒が飲めますよ(笑)。寒いのでやや厚着で。

今年の見世物小屋は見てきましたけど、すっかり例の新人の人がメインをはってました。おみねさんも元気です。まだまだ続きそうだなぁ。