ヤマダ電機が、ユニカビル予定地に進出

→ソース(日経ビジネスオンライン)
 
あの区画も地上げが続き残り3ビルくらいを残すところですが、(池袋進出に続き)ヤマダ電機がキーテナントになる情報が。
ユニカは当初のパチンコ店だけではフロア埋まんないでしょうから、当然こんな展開になるでしょうね。
 でも、ヤマダのこと、当然1Fからの展開を希望するでしょうから、P店は縮小気味になるのかしら。
登記簿によれば、ヤマダは土地の所有者に対して、3月30日付で抵当権を設定している。
 抵当権を設定したのは85億円の「賃貸借契約敷金返還債権」。一般的に、テナントは入居の際、貸主に敷金や保証金を支払う。今回の抵当権の設定は、敷金を支払ったヤマダが、建物が完成しなかった場合に備えて敷金を保全したということだ。「土地所有者の信用力が十分でない場合、敷金に抵当権を設定するのは一般的」。不動産売買に詳しい弁護士もこう語る。
 「この件については何も聞いていない」(広報部)とヤマダは言う。所有者の信用力の問題で建物が建たない可能性は残るが、敷金を払ってテナントとして入居しないのは考えにくい。(ソースNBオンラインより部分引用・前後略)
あんなにビル壊してるのに信用力に不安があるような記事ですね。まあなかなか建ててない訳で、当初計画よりはずいぶん放置されてるので実行されないと、敷金払ってるヤマダも困っちゃうからね。
それにしてもいい加減一等地の大面積なのであとの3ビルは諦めて早く建ててほしいものです。ヤマダは成功の余地ありますよ、理由はまず店舗照明・機材の類を今西口・東口まで歌舞伎町・大久保の人は買いに行ってますが、めんどくさいんで歌舞伎町近くで済ませたいこと。あと、回遊人口が多いということ。沿線の西武新宿線エリアに家電店が少ないこと。サブナードにも家電店がないこと。
 
ただ、営業時間を少なくとも夜10時、余裕あれば12時まではシフトさせないとつらいんじゃないかなー(歌舞伎町の人口からして)。

民主尾辻氏のイベント(記事拾い漏れ)

→ソース(スポニチ)

すごいイベントになってますね。ただ2丁目の人たちってたとえば都議選、区議選とかの場合だと集票が弱いんだよねという話があって、今回はまだ大丈夫かもしれませんが(比例だから)。

この街に埋まってる票は25000くらいあるとかいわれますが、地域を限定して票を集めるとそうでもない。なぜかというと、営業時間中は街にいるとしても、住所が郊外の人が結構多いからなのです。「20000票ライン」というのは性的マイノリティ誌の大半が1万から3万5千部だということからの推定ではないかとおもいますが、全国入れてでしょうね。

→新宿放送局ノーカットインタビュー わりと良い話してます。差別を禁止する法律がないと。ただ、なぜないのかを考えるとすでに実質上圧力団体化している某組織とかにこれ以上の力を与えるのか、とかの影響もあるんじゃないですかね。しかし局舎内の収録なのに音が割れてるよ。

新宿で財布をすられたばかりに自宅訪問・複数箇所使用・TV電話で男の行為動画を見せられるさんざんな人の記事

→ソース(オーマイニュース)

新宿でものなくしてもちゃんと届くときは届くんだけどね、僕アルタ前で落としたクレカはちゃんと駅前交番に届いてました。ただ郵便物とか落とすと大体清掃で処理されてしまうのか見つからない。この記事の人は、別の県でも使われているということで多分に組織的犯行なんでしょうけど。

歌舞伎町では財布落としたらかなり気が緩んでる人が多いのと、交番が少ないのではっきりいって届け出られる可能性はやや低く、財布は落とさないように気をつけましょう。

ゆうちょ・民間カード会社のATMが退店、15日からは地域物産店で「ニート・障害者も雇用」

→ソース(東京)
商品は、新宿区と友好提携している長野県伊那市をはじめ、宮崎、山形、群馬の各県や、石川県白山市、岐阜県下呂市が特産品を納品する。千葉県流山市で障害者が作った無農薬野菜なども販売する。(ソース部分引用・前後略)
福祉事業の一環ということは、ある意味採算度外視なのか…。ニート雇用ねぇ。夜もやってたら面白いんだけど、まあ宮崎関係の品を買いにいくときにみやざき館KONNE(新宿南口)まで行かなければならないという状態は解消されるんで、宮崎関係にあわせて、うまくテレビアピールとかできれば栄えるんじゃないですかね。

いまどき内装費用かけすぎな「スカイハート」(歌舞伎町一番街)

→ソース(ライブドアニュース・サイゾー)

特に内装写真しかないので、年齢制限ありませんです。「飛行機の内部を忠実に再現」にしても天井高が低い。ゴンドラグループとかの先人に見習ってほしいな。場所は歌舞伎町一番街を入って左手をずっと見ていると、ビル数階のあたりに看板がありますです。

座席の広さで「エコノミー」「ビジネス」「ファースト」にわけるっていう概念は新しいですけど。

吉本東京本社移転関係の(不透明な?)区との決定に関する記事&会見後続報、動画

→ソース(夕刊フジ)

歌舞伎町の浄化作戦を進める新宿区は、違法風俗店摘発などで生じた経済的なマイナスを補うため、歌舞伎町を大衆文化の一大発信拠点とする「エンターテイメント・ランド」に再生する構想を掲げており、吉本も協力していくという。吉本にすれば、現在の東京本部が手狭になり、ルミネに常設劇場がある新宿への移転を検討するなか、新宿区との思惑が一致したことになる。
 だが、移転にはそうした表向きの事情とは「別の理由もある」と吉本関係者は打ち明ける。
 かつて吉本の東京本部は港区・溜池のテナントビルにあったが、それを林裕章前会長(故人)の強い意志で、今の場所に移転した。今の東京本部が入るビルは、林家や吉本家など創業一族の資産管理運用会社といえる大成土地の所有なのだ。
 「今の吉本は周辺の相場に比べて、かなり割高な家賃を払っている。反対に新宿の家賃は相場に比べて割安といえる。現経営陣は、一連の騒動で様々なスキャンダルが表沙汰になった林家と距離を置き、創業家に無駄な金を払いたくもないとも考え、林元会長の死後、移転先を探し始めた」(吉本関係者)
 一方、吉本の歌舞伎町進出について、新宿区は今年2月にはじめて区議会に対して招致の意向を報告。
 中田カウスと暴力団との繋がりなど様々な問題が表面化した後の5月に正式な契約を結び、事後に区議会への報告が行われたという。(ソースZAKZAKより部分引用・前後略)
そうなんだよね、区側の実績としてはわかるんだけど区議サイドからも事後で不透明な報告だったという点、吉本サイドの表向きの思惑と違う本音の部分としてはどうなんですかね。フィクサーくらいかんでてもおかしくないとは思いますが。だいたい学校をそのまま使うのはわかるが7億かけて改修、380万家賃払うなら、別途普通にビル賃貸なり、ビル買うなりしたほうが早い気もしますし。

いちおう本日正式な発表があるようです。

歌舞伎町るねっさんすで暴力団を追い出す一方で、特に南の勢力と強い繋がりがもともとはあったといわれる吉本の区政サイド介入は、芸人さんが来るという面では良い話なんですが癒着という点とか、歌舞伎町内のあちら筋のパワーバランスではむしろ糾弾されてもいいようなお話でもあるんだよねぇ。

以下、会見を受けての記事。

→(追加ソース・歌舞伎町るねっさんすBlog)

てらたにさんも、期待してる側面が強いだけに歯切れが悪いような…。芸人寄りな会見にならないところが、吉本側が多少気をつかってるというか。

(前略)耐震偽造事件などの経緯で表面化・調査が進み、この歴史的建造物の耐震強度が0.3ということが事実として明確になったこ とからその存続や使用についての課題が表面化。新宿区としては、実際に保存運動等のある建物を壊すに壊せない、一方で耐震補強工事をしない限り使うにも使 いにくい、しかしその工事費は莫大で区の財政上これも困難、と言う状況にあった。((後略)歌舞伎町るねっさんすBlogソース部分引用)
と、実は耐震上の問題のある建物だということが表面化していたのをあえて補強して使うという、八方塞な状態のアイテムに言い方は悪いですが吉本が食いついてきたという感じですかね。

区としてはこのへんは気を使って言わないんでしょうけど西新宿には淀橋3小跡地を落語や芸団協などの団体の事務所と稽古場に貸し出している芸能花伝舎があり、西の芸能花伝舎、東の吉本と小学校跡地同士で芸能のバランスを取ろうと思っているんでしょうか(苦笑)。

→ソース(朝日)
なんと人類で初めて宇宙飛行をしたガガーリンが訪れたこともあるとか。

→ソース(日刊)
こちらでは将来的に「新宿花月」を開く構想も開陳。

→ソース(サンスポ)
「経済的な条件はあるが、魅力を感じている」と経済的な条件が強調されていた。

→ソース(デイリー)

歌舞伎町で300人規模の大規模浄化、店舗2件入管法7名摘発+違法看板276点回収+ホスト7人+裏ビデオ2人+道交法1名を逮捕

→ソース(時事) (TBS)
 
11:30のニュースでもやってましたね。フジも結構映像撮ってたようです。
 昨日は朝4時から歩いてたんでまったくわかりませんでしたが、TVではLeeビルとか映ってましたねー。
調べによると、韓国クラブ「パラダイス」や同「マリア企画」の韓国人ホステスら4人を入管難民法違反容疑で逮捕し、7人を東京入国管理局に収容した。
 風営法違反容疑でホスト7人、わいせつ図画販売目的所持違反容疑で2人、道交法違反容疑で1人を逮捕した。
 道路上に不法に置かれた看板276件も撤去した。(時事ソース記事部分引用・前略)

あおば出版が民事再生だそうです。

→ソース(ネットゲリラは潜水艦戦である…)と、別途漫画家に確認
 
あおば出版といえば、レディコミ系からハムスター倶楽部スペシャル、コンビニ誌数誌まであり、高田馬場近隣に編集部と、営業のある会社でしたが、民事再生とするということです。韓流関連の契約トラブルということですが、コンビニ誌が上手くいかなかったんじゃないですかね。
 
韓流関係の契約トラブルといえば知り合いの会社はイベンターで韓流スター側の契約不履行で来日せずつぶれてたなぁ…。
 
確かに韓国関係の契約は著作権を含めて常識が若干違うので(私もトラぶったことある)、なかなか難しいところです。が、あおばの場合はオーナーの別会社側が訴訟をかかえていて、サンラ・ワールド系。
オーナー名でgoogleだけでかなりわかりますね。 別のところで何かあったような気もします。
 
●関連サイト
あおば出版

コマ近くに英国風パブがオープン(第103東京ビル5F)

→ソース(新宿経済新聞)

系列店とかじゃないんですね。
中原さんは大学入学時に上京し、学生時から慣れ親しんできた街が「新宿」であることから、「歌舞伎町は世界でも有数の歓楽街で、国内外から多くの人々が集 まる場所。ここで挑戦できることが嬉しい。新宿はさまざまな顔があるので、東口や西口にも2号店、3号店の出店を目指していきたい」と意気込みを見せる。(ソース記事部分引用)

●HP
クルラホーン

第103東京ビルがわかる人少ないと思うので地図をおいたほうがいいとおもいまーす。

いちおう地図
場所的には、天一のビルですね。
あのビルで立ち飲みができるのは良いかと。ややエレベータ昇りづらいですけどね。