華原朋美がかつて自殺未遂したのは新宿のホテルだった

→ソース(日刊ゲンダイ)

ちょっと前には復活してたと思ったらまた休業してたんだねー。しかし、華やかな時期に新宿にいたのが意外。

【関連エントリー】
– 裏新宿(NEW): 新宿労基が認めなかった出版社アルバイトで自殺した人に2社合算で過労死を認める-東京労働者災害補償保険審査官
– 裏新宿(NEW): 芸能
– 裏新宿(NEW): ゴールデン街裏の旧新宿区立四谷第五小学校が吉本興業の東京本部に
– 裏新宿(NEW): クォン・サンウの日本ファンミーティングに組織暴力団が関与か
– 裏新宿(NEW): 夕刊フジで歌舞伎町連載(リンク先で読めます)

kanren=”ホテル”

読売新聞社へ薬物密売の告発届く

→ソース(時事) (朝日) (報知) (日刊) (読売)
新宿の暴力団に関する告発文が読売に届く。メロンと手紙の他、拳銃、銃弾、覚せい剤、ケタミンというフルセット。

 木箱のふたの裏には白い粉が入った2つのビニール袋が張ってあり、それぞれ「覚」「K」と書かれていた。鑑定で、覚せい剤約1グラムと、麻薬作用のある麻酔薬ケタミン約2グラムと分かった。
 茶封筒に中国語で書かれた告発文が入っており、指定暴力団の元幹部が、香港の組織から奪った数十億円分の薬物を日本で密売していると記載。「新宿の暴力団に、薬物の売買で得た金や拳銃が隠されている」と指摘していた。(時事ソース部分引用)

さてさて、これってでもこないだの香港マフィアの一件じゃないのかなぁ?(数日前の記事参照)

報知の
 宅配便が届く前には、同社の海外支局に男の声で「暴力団の闇取引の情報がある」という電話もあったという。(報知ソース部分引用)これも気になりますね。

海外支局にわざわざ電話が行くということは逆に香港側からの火消しなんじゃないかという気がしないでもないですが。海外支局名を伏せてるのがちょっと怪しい。

読売によれば
宅配便が届いたのは今月15日午後。それに先立ち、東京本社の海外支局に突然、男の声で「暴力団のヤミ取引の情報がある」と送付を予告する電話があった。到着後、東京本社からの通報を受け、同庁は拳銃や薬物を差し押さえた。結構前に届いてたんですね。

【関連エントリー】
– 百人町のマンションで覚せい剤50キロ、中国人逮捕、香港マフィア絡み「家族が殺される」とマフィアの特定についての供述拒む
– 覚せい剤6千万円相当を所持していた組員が車に立てこもり大捕物へ
– セントラルロード・宝ビルが全店退店、今後取り壊しに&「まみれ屋」開店&銃を売る店の裏事情
– 歌舞伎町「Gold Finger」オーナー中国人、ケタミンや覚せい剤所持で逮捕。歌舞伎町で販売
kanren=”暴力団”

次長課長の河本が、東京進出当時、新宿(実質歌舞伎町と推定される)の風俗案内所でバイトをしていた

ソース(ZAKZAK・夕刊フジ)

 東京では当初、仕事は劇場だけで、給料は4~5万円しかなかった。でも、何を思ったのか、この時期に結婚してしまったんですよね。今でも嫁に「なんで、あのタイミングで結婚するねん」って言われてます(笑)。

 〈結婚してすぐ、妻は妊娠。生まれてくる子供と当面の生活のために当時は、新宿の風俗案内所でバイトしたりもした〉

 バイト先に風俗案内所を選んだのは、一番給料が高く、時間の融通が利く仕事だったから。当時は昼にルミネ(新宿にある吉本興業の劇場「ルミネtheよしもと」)に出て、終わったら風俗案内所、また夕方からルミネに出るって生活でした。(ソース記事部分引用・前後略)

しかし、大阪でレギュラー6本だったのに東京にきたらまた4-5万の給料っていうのが吉本の恐ろしいところですね。まさか次長課長が風俗案内所から出てきても、みんな遊んでるとしか思わないのに仕事してたんだ(笑)。

最近歌舞伎町で芸能人というとほとんど吉本だから、今はなかなかそういう仕事はできないかもしれません。

李小牧が中国「変面」ネタでTV出演

→ソース(歌舞伎町案内人身辺日記)

5月29日(火)NTV夜7時から「驚き(秘)映像ハンター!!ドリームビジョン」に、歌舞伎町案内人の李小牧が中国国宝ネタで少し出るようです。

歌舞伎町ネタ以外で出るのはよいんじゃないでしょうか。

相模観光ビル(東通りルノアールのあるビルの地下)で2007/5/21日火災

→ソース(歌舞伎町るねっさんすBlog、この記事の後ろのほう)

なんとルノアールのビルで小火があったんですね。歌舞伎町は火災には敏感になっているので消火は早いが、確かに火が続くのはちょっと嫌な予感。やはりよく酉の市で言われる「三の酉まである年は火事が多い」伝説は本当かもしれないですね。

こんな浅い時間は僕の守備範囲外なので、知るのが遅かった。

あのへんのビル地下の怪しい黒人客引きの外人パブも偵察だけはしたことあるんですが(入って安全かはわからない、空気を感じて退散)、だいたい彼らの店はちゃんと飲食店の営業許可を持っているのだろうか…。

新宿の不動産特殊物件(?)2つ

→ソース(インヤンの日記)

「臭い煙不可」いいたいことはわかるが…。よっぽど前居者がすごかったんでしょうね。

あとロッカーの写真も猫がだめなのか魚がだめなのか。誰に言っているのか。確かにまったくわからない。