日給5万円以上のモデルより下の、「中高年の雑役時給5000円」の面接を受けた話

→ソース(探偵ファイル)

いわゆるゲイDVDビデオメーカーという奴ですね。

昔、「豚豚豚」という事務所が近くにあって、てっきりとんかつ屋のバックヤード事務所だと思ったらデブ専ゲイビデオメーカーだったことがある。

飲食店と間違えたら食べに行くつもりで食べられちゃうかも…(失礼、お仕事頑張ってください)。

探偵コンセプトバー「歌舞伎町SPY-RAL」 2007/3/末で閉店

→ソース(探偵ファイル)

元々は新宿2丁目に開店し、途中からコマ劇場真裏の歌舞伎町ビルに移転したガルエージェンシー系の娯楽サイト「探偵ファイル」直営の「探偵コンセプトバー」スパイラル。最後は熱心に告知しなくなっちゃったから客足減っちゃうのはしょうがないと思います(擬似ホスト的な接客営業の届出違法性をつついた人のアレもあるのかもしれませんが)。今後は原宿に、カウンター系のバーを出す計画だそうです。

↓下のリンクを見ると「探偵ファイルスタッフは出勤していません」と書いてあり、もうぐだぐだになってるのが見て取れる。

●関連サイト
歌舞伎町SPY-RAL

伊勢丹のすばらしい対応に夢とロマン

→ソース(エロ本編集者の憂鬱と希望)

2週間で壊れた靴の交換対応が最終的にすばらしかったと、ウィルコムやシャープと新宿伊勢丹のサポートの違いを語っています。

(前略)百貨店というのは高いだけあって品質をちゃんと保証するんだなあ、と納得した次第。今後とも新宿伊勢丹を贔屓にすることにしよう。(部分引用)

都知事選アンケート結果(裏新宿読者)

今度の都知事選は、興味ある?

[投票期間] 2007/03/17 ~ 2007/03/21 [投票数] 15票

1、興味ある
(12票/80.0%)

2、興味ない
(3票/20.0%)

3、その他0票

告示前の短期間のためたった15票ではありますが、
思ったよりも興味を持っている人が多いようで。今回は投票率上がりそうですねー。

山本耳かき店・新宿店

→ソース(山本耳かき店・新宿店案内)

アキバ系かと思いきや、純和風なのね。西口の店舗ビジネス可なマンション、ダイカンプラザにあるところがなんともいえませんが。風営法やら、都条例やらで風俗ビジネスが斜陽産業になってきた昨今、こういった風俗⇔一般の境目みたいな(非風俗ですが)「女子接触安堵系」の一般店舗が増えていくんでしょうね。耳かき?今さら?みたいに思うかもしれませんが、なにを目的としているのかといえば、誰もが子供の頃に体験している「ひざまくら」なんですよ、これ。料金としては高くなってしまいますが、そのまま昼寝も可になってます。あのエリア、仮眠需要はありますよね。

他に五反田・立川・秋葉原に店があり、別途「山本足湯店」も池袋にあるというんだから結構な盛業ビジネスモデルですな。足湯店は、一応女性も利用できるようなので、接待なんかを兼ねての時とかに男の人と一緒に行くのもありでしょう。

●関連サイト
山本耳かき店(TOP)
山本耳かき店新宿店のブログ
山本耳かき店の記事(EXCITEBIT)

一般系の類似店、みみくりんの記事

ロッテ日本法人が持ち株会社化、ロッテホールディングスとして事業再編、韓国ロッテなども傘下に

→ソース(日経)

ロッテリアを中心に若干経営に問題が出てきていたロッテですが、持ち株会社に移行するそうで。日本法人のほうが主になってちゃんと税金を納める分には産業活力再生特別措置法の適用で登録免許税などの税の軽減はいいんじゃないですかね。いや、ナショナリズムとかはぜんぜんないんですけど、ちゃんと法人税納めているなら多少の優遇処置受ける権利はあるだろうと。

新宿区暮らしのガイドはとんでもなく歌舞伎町軽視

新宿区に転入するともらえる「暮らしの便利帳」、今年から「新宿区暮らしのガイド」となり、民間企業協働の一環として、サンケイリビング新聞社の発行となり、宅配配布となった。

当然民間ということで広告が増えているものとなっている。それはいいのだが、しかし、「歌舞伎町」に関しては「新宿東口」の中扱いで「店舗がわずか2件しか掲載されていない」上に、他の中記事に関してもほとんど「歌舞伎町については触れられていない」(歌舞伎町イルミネーションのみ。エイサー祭りは前半には問合せ先が歌舞伎町商店街振興組合になっており、後半記事では実行委員会になっている体たらく)。

歌舞伎町は新聞社系の広告会社が得意としない分野ではあるだろうが、これはちょっと酷くないか。

これならまだ「スターツ」辺りが編集して「ぱど」が配布したほうがましだなぁ。

あとセクションが違うとはいえ、別途今後(一部地区はテストでもっと早い)「ゴミの分類が変わる」チラシが、同じ町内でも入ってるところと入ってないところが出ているので、こういうのと一緒に撒いてほしかった。

ごみのヤツはうちの知り合いの事務所には来てたけどまだ自宅には配布されてこないですよ。大筋は今後いままで燃えないごみ類に分類していたビニール・プラ類が燃えないから燃えるに変わって、資源分類が細かくなる感じだったように思うので、結構重要な告知だと思うんですが……。

SUICA・PASMOとの改札共通化で新宿駅にて記念式典

→ソース(日経) (東京) (産経) (日刊) (報知)

まあ周知の話だと思うのでソースを参照。年配者などを中心にPASMO自体がまだ理解されてない節もありますが、いわゆる地下鉄・私鉄側のSuicaみたいなもんかと思ってもらえればよくて、SuicaとPASMOは相互乗り入れで、Suicaのチャージ金額で私鉄・地下鉄・バスも乗れるようになり、逆もまたしかりとなったのです。今日は限定のPasmoカードが出たようで大人の人たちは山手線近隣じゅう探し回ってたようですね。(結構完売が多かった様子)。

朝8時台にこれに付き合わされるマスコミも大変だ。

新宿2丁目が石原発言に反発

→ソース(日刊)

 3選を目指す石原慎太郎知事(74)に日本最大のゲイタウン「新宿2丁目」から反発の声があがっている。石原氏が昨年、五輪招致に絡み、新宿2丁目の景観を条例で規制すると発言したのが発端。歌舞伎町が石原都政下で“浄化”された過去があるだけに、今度は「2丁目つぶし」が始まる可能性もある。ゲイバーなどは「死活問題になりかねない」と規制への危機感を訴えている。(ソース部分引用。後略)

二丁目振興会の人が出てますが、ところでこのソースになっている新宿2丁目とか歌舞伎町の景観を規制するという雑誌記事はだいぶ前なんで、公示前のちょっと意図的な記事の出し方という印象もありますね。

2丁目のゲイバーの多くは未明まで営業している。(新宿二丁目振興会の)福島氏は「もし営業時間が規制されるなどした場合、死活問題になる店も出てくる。2丁目は世界一のゲイタウン。ゲイにとっては、単なる繁華街でなく『最後のとりで』のようなコミュニティーでもあることを、石原さんには忘れないでほしい」と続けた。(ソース部分引用()内当方注記加筆・前後略)

「未明まで営業」これって本来的にはグレーゾーンなんだから、振興会が新聞で言っちゃうのは言質が残っちゃってデメリットだと思いますが…。僕も昨日は2丁目で飲んでましたが、実質的にはあの街は朝のほうが賑やかです。歌舞伎町⇔ゴールデン街→2丁目と流れる構造が出来てますからね。

で、関連記事ですがロフトプラスワンで行われた「打倒石原イベントに浅野氏が出演、シモネタも解禁」みたいな記事が連動で出てるので、ちょっと日刊スポーツの思惑が感じられます。