広末涼子歌舞伎町のホストクラブで泥酔し「育児放棄」は真実の証拠無し 勝訴

→ソース(読売)
 「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、女優の広末涼子さん(26)が、発行元の講談社(東京都文京区)と当時の編集長に計約2370万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であり、片田信宏裁判長は、講談社側に440万円の支払いを命じた。
 問題になったのは、2005年5月7日と同月14日の合併号。広末さんが育児を放棄し、新宿・歌舞伎町のホストクラブで泥酔していたかのような記事を掲載した。(以上ソースより部分引用、以下省略)
新聞記事だけを読むと「育児放棄に真実の証拠無し」みたいな感じですが、「新宿歌舞伎町のホストクラブで泥酔していた」のは事実なのか事実でないのか、が新聞記事だけではよくわからないのですよね。つっこみどころはそっちだろうと思う。判決の全文を読んでみたいような気もします。地裁だからまだ争うのかなぁ、講談社。

梵天商店が新宿伊勢丹(サンリオショップ)限定でセレブキティ族、新宿歌舞伎町Tシャツ

→ソース(エキサイトBit)
セレブキティ、時計が中国製じゃなかったらいいんだけど…。ああいうところはケチっちゃだめだと思う。
梵天のTシャツは伊勢丹と明治通りをはさんで対面のジーンズメイトが沢山売ってますが、梵天サンリオがと組むとは伊勢丹らしからぬネタですね。歌舞伎町のTシャツにもKittyはいるのでしょうか?2006年8月8日まで。

ゴールデン街に「コスプレ居酒屋」(2006/7/29)本日オープン

ゴールデン街の2番目の通りにアニメ、ゲーム、マンガを題材にした「コスプレ居酒屋M2S(エムツーエス)」がオープン。店員がコスプレするという感じかと。
同じゴールデン街のメイドBAR雪月華とはしごするのにいいお店に育ってくれるといいですね。今のところは週末だけ(相当の)深夜営業、平日はAM2時くらいまで、日は12時頃までみたいな感じみたいですが(予告なく変更あり)、生あたたかく見守ろうと思います。
●関連記事
ついにゴールデン街にもメイド・バーが。G街も客層が変わる?

吉永小百合は京王プラザホテルで結婚していた/ビアホール/プール情報

ソースは京王プラザのPR紙
京王プラザホテルが開業35周年なのだそうですが、吉永小百合さんが寄稿されていました。
1973年8月3日が大切な結婚記念日だそうです。京王プラザ・コンコードボールルームで披露宴をしたそうです。
節目の年には今でも眺めの良いレストランで食事をするそうですよ。開業間際のかなり初期ですね。
====
京王プラザ、いまでは周りの高層ビルに囲まれてあまり目立たなくなってしまいましたが、かつては高層ビルはこれくらいしかなかったのです。20年くらい前の「ズームイン!朝!(NTV)」では毎日ここからの中継が入っていたほどのランドマークだったのですが…。
先週僕も泊まってきましたけど、ここはルームサービスは高いですけど、部屋の大きさはまずまずなので、わりと好きなホテルです。しかし、備品の見直しがあったこともあるのか、据え置きのコーヒーが無くなってたのとちょっとアメニティが減ってたのが残念。
====
ビアガーデンはないですが、ここはスカイビアホールをやっています。
2006年は7月1日から8月31日まで、ワンコイン500円。
前売り券あり(5000円 500円券×10+ワンドリンク券)
場所:47F スカイバンケットルーム あけぼの
・平日夜6:00-10:30
・土 夜5:00-10:30
・日祝 夜5:00-9:00
8月は北海道発特選料理と地ビール勢ぞろいというイベントをやっています。
20-50人までの貸切(1人5000円)も受け付けている模様。貸切の場合12:00-夜10時までの間で2時間なら可能な模様。
====
あと会誌を見るとここはスカイプール(屋外プール:本館7F)がビジターでも入れるっぽいですね。9:00-午後8:00(入場午後7時半ラスト)、2006年は6月24日から9月3日まで。
単品だと高いですが、当日券が土日祝は大人7000円、子供4000円。 平日大人4000円、子供2000円(税サ込)だでそうで。車の場合は駐車優待券もくれるそうです。へー。あと、代表番号から予約が利くようですよ。
(楽天トラベル)↓トップから検索すると「デイユース」や「当日限定」「0時からの予約」などにも出ていることあり

京王プラザホテル

27日夜、スポーツジムで流血事件

→ソースはスポーツジムに通っている人の情報
西口すぐにあるような某有名ジムですが…
・男女で喧嘩、女子が殴られ出血した。
・暴力男を止めたのは全員外国人。
・状況説明はゲイ、駆け寄ってきた店員は全て女性
と、なかなかすごい絵づらで新宿らしい光景だったそうです。

超高速駐車場は20秒で出庫とか

→ソース(良い酔い日記)
747(金嶋)グループの、区役所通り沿いにある名物「超高速駐車場」の看板を撮っているのですが、なかなか看板も面白い。本体も747の飛行機とかが書いてあって、昼間みるとなかなかなんだけどね。
ホテル楽苑(ラブホテル)駐車場が穴場で安いっていうのは初耳でした。これは良情報ですね。

新宿南口の工事現場が写真展に、末井昭や森山大道がどーんと(個人的には微妙)

→ソース(インプレスデジカメWatch)
吉永マサユキ氏の作品として6月20日より(7末くらい?)しばらく展示されている模様。(国土交通省東京国道事務所の「新宿サザンビートプロジェクトの一環)
個人的には末井氏がどーんと出てるのはちょっと抵抗あるなぁ、どちらかといえば南口よりも歌舞伎町の人だったし。
現在は雑誌「漫画ナックルズ」で、集合写真をテーマとした「若き日本人の肖像」という連載を行なっている。それらの仕事が評価されて、今回の依頼となったわけだ。(ソースより部分引用) ナックルズかよ!
第二弾として9月末の展示に出たい人を募集している模様。→こちら

ホストクラブ「世阿弥」のホストが店内で同僚を刺し殺人未遂で逮捕

→ソース(サンスポ)(日刊スポーツ)
20歳の店員が19歳の店員を刺したということです。「酒を飲んでビール缶を蹴った」のが原因でもみ合い、調理場からナイフを持ち出し…」ということですが、ホスト業は何かと酒を飲まされる業種なので、酔っ払ってしまうほうの気持ちもなんとなくわかるのではありますが、そんなんじゃ人が離れちゃいますよ。
お客様がホストを独立の道へ歩ませるお店です。店名は能を大成した世阿弥に由来しており、その名に違わず美しく柔和な優雅さで魅せてくれること必至です。(ONSTAGEより引用)
とのことですが、柔和な優雅さどころか、世阿弥の1422-1430年頃の地位と興行地盤を着実に奪われていった時期や、転落していく後半期に相応するような事件ですね。ある意味では名前通りか。
●関連サイト
世阿弥公式サイト
世阿弥とは はてな

ゴールデン街再開発話

新宿ゴールデン街の再開発話は以前新宿区新聞の記事(PDF・要アクロバットリーダー)で取り上げられていましたが、本日→(東京新聞)にも載ったようです。
来年通る地下鉄13号線の関係でサブナード延伸構想が出てきたことで一気に具体化しているようです。
東京新聞より台詞抜粋概要
・「低層の飲食店街はつくり直す。昭和の風景を復元し、街の文化的伝統を継承したい」と花園町商業協同組合の萩原さん。
・「呑家しの」の木島三代子さんは「建物には多くの人の歴史が刻まれている。狭くて古いが、壊したら二度と同じものは作れない」
かなり曲がっている店もあるので、場所によっては作り直さないといけないレベルの老朽化ではあるとは思いますけどねー。(旧青線)歴史を考えると保存もしたいところですが、なんか別の、(容積じゃなくて、いわゆる現行法に囚われず歴史的な街並みを保存するような)開発特区を作ってまったく同じ状態で新しく建て直すっていう選択肢はないのかしら。それならば例の難航している西口も、なんとかなるような気もするのですが。