パークハイアットの披露宴で食中毒、宴会場20日まで営業停止

→ソース(産経)
 都などによると、披露宴は今月3日、107人が出席して行われた。このうち、招待客の男性42人(26~88歳)、女性28人(7~75歳)が3日から7日にかけて症状を訴えた。
 食事はホテルの宴会専門の調理場3施設で調理されたもので、カツオのタタキや帆立て貝のポワレ、子牛のロースト、季節野菜などが出されたという。(産経ソースより部分引用)
人気ホテルって書かれていいなぁ。それにしても70/107ということは37人は大丈夫だったということで、37人の人はそれを食べなかったのか、それとももともと食中毒に強かったのかが気になりますね。
コックとかのホテル側での衛生面の問題は少ないでしょうから、原因は食材でしょうね。

香名屋が昼営業を再開

ラーメンを出す飲み屋(Bar)、という感じのコンセプトな 酒麺房香名屋 歌舞伎町店(西武新宿駅近く・歌舞伎町えび通り沿い・エスパス裏)が、「昼営業」を再開しはじめました。
●関連記事
歌舞伎町一番街の元喫茶上高地、現森下不動産が工事中

W杯でいちばん盛り上がる地域・職安通り~大久保

きのうは歌舞伎町にもサポーターがたくさん集まってましたね。僕はコマ劇場での「新宿ルネッサンスFORK&ROCKFES」でエンケン(遠藤賢司)の勇姿を見てましたが。なんでコマのこのイベント、「歌舞伎町るねっさんす」色をあえて新宿ルネッサンスにしたのか。元々反権力性のあるフォークとかの流れから、ローカルすぎるものへのささいな抵抗なのかなぁ。考えすぎ? しかしトリが杉田二郎というのも。
コマ劇場は初めて入りましたが、半円形になっていてどこからも見やすい点と、弁当のうまさ(老人OKな控えめな味付け)がよかった。悪かったのは席ピッチ。いまどきあの狭さじゃトイレもいけないし、建替えのうわさが出てくるのもよくわかる。
W杯には興味はないのだが、日本戦は歌舞伎町の某店にて、14型のテレビで観戦した。個人的には派手に得点をできないし向こう(クロアチア)もしないので、失礼ながらやや眠くなる試合展開だった。
そんな昨日は、1試合ブラジル・オーストラリア戦をはさんで早朝から韓国戦だ。

写真:うさちゃん ▲朝4時過ぎ
知人がドン・キホーテ隣の韓国喫茶「ルネサンス」でお茶を飲んでいたらわらわらと店舗に人が集まってきて、身動きが取れなくなった。ビル前には大型テレビ、歩道はサポーターで占領。警察も出て、沿道にテレビを設置している店舗を怒るという感じだったらしい。

写真:うさちゃん ▲朝6時頃。警官とテレビクルーの姿が見える。
日本で一番盛り上がる韓国サポーターの街。負けても勝ってもなんらかの事件が起こりそうだが、「デーハンミッグッ(大韓民国)」の掛け声とともに、狂乱するここにいた人はそれなりにお祭りを楽しんでいたのだろう。
点数が入るごとのリアクションがすごいらしい。
ちなみに韓国語の放送(多分KBSの2次送信のIPセットトップボックス、アイテレビもしくはKJ韓国テレビじゃないかと思う)。
僕は眠ってしまったのでいかなかったのですが。次は金曜らしいので、買い物のふりしていこうと思います。

▲職安通りドン・キホーテ左手2Fの韓国料理店
「ガム・ザ・コル」のマスコットキャラもTシャツを口に
●関連サイト
こんな報道も(13日)

京都にある・博多長浜らーめんみよしが歌舞伎町に2006/6/16オープンしました。

▲すでに花は撤去。近隣もうるさいしね。
長浜らーめん みよし 新宿店(歌舞伎町)開店したようです。深夜もずっとやっていて朝5時まで。常連といわれるガクトの花も出てましたね。こちらのブログ(MONKEYDESIGNROOM)によれば、試食会だった時期の14日に来店していたようですが。Gacktの注文は『バリカタ』らしいです。 しばらく「試食会」名目で開いてたんで、まだ未食なですよね。でも近隣の店主も「うまい」っていってるくらいなので、おすすめかも。
近隣にもラーメン店が多数出てるんですが、風林会館前という地の利か、朝でも半分以上埋まっています。というかちょっと客を奪ってるかも。
場所は、風林会館前ですが、区役所通り側ではなく、花道通り沿い側。1Fが喫茶店側の入り口じゃなくて、テンドラッグとかカメラ店のあるほうの入り口から見て真向かいです。
→新宿放送局に動画あります。昼前から朝方までやっていますが、夕方あたりは休憩時間が入っている模様。

ショッキングハウス(お化け屋敷)が今年もシネシティ広場に設置中(~2006/7/2まで)

→ソース(@GEHA)
映画「サイレントヒル」がらみで今年もお化け屋敷というか、ショッキングハウスがシネシティ広場に設置され公開中です。2006年6月18日から7月2日まで。11:00-18:00、入場無料。ほんの5分前に見に行きましたが、結構並んでましたよ。
東京宣伝美術社に頼んでいるのは、歌舞伎町エリアで完結していていいですねぇ。

東京ウォーカーが街角ブログ「新宿」を

→http://blog.walkerplus.com/shinjuku/
自腹で…と書いてありますが、mixiのOFF会に良く使われるので局地的に有名な新宿駅東口地下の「ベルグ」や尾崎豊の十五の夜が店名になっている「大勝軒 十五夜」西口の「甕」歌舞伎町のトーアの屋上「アジア横丁」など、まずまず面白い店舗中心のラインナップ。
このクオリティがずっと続くのか否か次第ですが、先発のタウン情報系のブログよりはさすがに文章はそこそこ面白いかも。
エディターが4人いるのが強みかな。珍宿マンさんだけ、店舗データを書かないのが不思議ですが。この路線を貫いてみるのも「お前らには教えねーぜ」という感じで、小学館の某漫画誌のグルメコーナーみたいに意外と人気が出るかもしれません。
ちなみにいつのまにか「新宿ウォーカー」というポータルになってて掲示板とかもあるんだね。
ついでなのでエディターさんに「掲示板の仕様」のバグを教えておきましょう。
書き込もうとすると「堺市Walkerに投稿するには、WalkerPlus会員への登録(無料)が必要です。会員登録、またはログインをしてください。」と出るよ。
流用してるんだろうけどね。
(追記)「堺市ウォーカー」になっている問題については訂正されたようです。さすが社内にWeb系の技術者がいると早いですね。

朝5時までやってる歌舞伎町の深夜歯医者

あいのりに出ていた人が、ホスト業界から出資してもらい歌舞伎町一番街に歯科医院を開業したということで記事が出ています。
→ソース(探偵ファイル)
テレビに出てなかったらちょっと怖い感じですが、朝5時まで年中無休は需要あるでしょうね。週末とかに限って痛くなったりするもんなぁ。痛くてたまんなくなったら歌舞伎町一番街に向かったほうがいいのかもしれません。
(追加)
ゴキの店情報もありました。

安倍晋三が9日昼間に歌舞伎町視察

お休み中ですがこれだけは更新しないとと思いました。
→ソース(東京) (日経)(産経)(東京前報道)(道新)(スポニチ)
「活気は変わらないが清潔な感じになった。身の危険も全然感じない(東京新聞のソースより引用)」
活気は変わらない
活気は変わらない
活気は変わらない
えー。
身の危険もあんなSPいたら感じないよ、そりゃぁ。
実録!歌舞伎町NEWSさんが現場にいたようです。

でんすけすいかが50万で競り落とされ、新宿伊勢丹に並ぶ

→ソース(札幌テレビ放送)
これだけの高値で落札されたものが一番に並ぶのが新宿伊勢丹。ってことは買う人の見込みがあるってことで。実は、富裕層が新宿近くには多いということですね。かつてはこういうことは銀座三越がその役割を担っていたんだけどなぁ。
●本業が佳境といえるほど忙しくなったので、15日までお休みします。
●近日(7-8月頃)http://urashinjuku.com/に移転します。
あらかじめリンク先にブックマークを打っておくと見失うことがありません。

地下鉄工事でぼや

→ソース(朝日)
6日午前6時15分ごろ、東京都新宿区大久保1丁目、東京メトロ13号線の地下2階工事現場から出火、木材の型枠が一部焼けた。(ソース部分引用、以下略)
見落とし記事なので掲載。黒煙もあがったようで。木材なんて地下にもおいとくんですね。