外人観光客の主力バス「縦横遊」

 西武新宿駅前通りでやたらと早朝に見かけるのが「縦横遊」のバス。観光バスでもいかにも「外人観光客ですよ」と車体からアピールしているのはここの会社だけ。時には東京ドーム近くや上野付近でも見ることがあるので、結構幅広く東京を観光するはとバスのような大手の存在と思われる。
 サイトのアドレスから考えると香港の旅行代理店会社っぽいですね。歌舞伎町近辺だと西武新宿駅脇から、プリンスホテルの客を拾って、きょうも明るく中国方面の方々が東京を観光しているのです。
このブログ(Blog版香港中国熱烈歓迎唯我独尊)の、この元縦横遊のガイドさんに聞いた話が抜群に面白い。無理やりつめこんだ日程とか、宮島が札幌になって場所間違えてたりとか、香港人のずーっとしゃべってる習性とか、新宿だと大人のストリップにも行く話とか、香港人が「香港より安いもの」を買いにくる話とか…必読です。
なにげに白浜や大阪・御堂筋などでも目撃例があるので、観光バスとしてはかなり大規模なのかも。
車両マニアな人は結構書いてますね(コスプレイヤーだったみしまきおさん。いつのまにか元共信印刷キャラクター名でブログ書いてるし…)
●関連記事
朝食バイキングタイバス・タイカラオケ・不眠
歌舞伎町界隈のGW
●関連サイト
縦横遊 (香港。日本語なし。BBSが熱い)

コメ兵が業績を下方修正「新宿、有楽町の2店 まだ知名度低い」

→ソース(日経)
もっと広告投入しないと。というか、新宿での認知度が低いんじゃないかと。うちでのアクセス数がむちゃくちゃ多いくらいですから、TVなどでやってるのを見て、場所がよくわからなくて検索で来てるんじゃないかなぁ。
新宿店は昨年十一月にオープンしたが、三月まで五カ月間の売り上げが当初予想を八億円下回る二十二億円となる見通し(ソース部分引用前後省略)
関東で「コメ兵」っていっても普通の人はなんだかわからないですからね。
駅前や歌舞伎町入り口に看板出すとか、ラッピングバス走らせるとかしないと、気が付かないかもしれません。
もっともホスト店に委託してチラシ配ったほうが効果あったりして。
●広告

「メイドアロマリラクゼーション ぽんでぃしぇり」

 新宿5丁目は日清食品手前、今はBali anの向かいといったほうがいいでしょうか。ドトールコーヒーの角地の路地(味の横丁もある路地)に、メイドさんの看板が出ています。実際は谷川ビル内の模様。前は龍華堂中国整体院だったようですが、メイド・アロマリラクゼーションに業態転換したようです。ロケーションとしてはかなり…な場所ですが、ゴールデン街のメイドバー、雪月華によったついでには寄れそうな気もしますね。メイドキャバクラもあるし、一応ライトな層には新宿もかなりメイドスポット化はしているのかもしれません。そういえば、新宿南口でここの人がチラシ配ってるの見ました。さて、どうなんでしょう。
 規模がそれほど大きくないと思われるので、行く場合は、予め電話をしてから行ったほうがよさそうですね。
しかし、ぽんでぃしぇりの名前で、googleではでBlog以外まったく引っかからないのが気になります。メイド系のサイトとかには載ってないようですね。誰か勇者は感想を。
と、思ったら本日オープンらしい。そりゃ検索引っかからないか。
ネット対策に関してやや後手なような気もしますが、店長さん異色経歴とか書かなくてもいいのに(わかります)……いろいろあるかと思いますが、頑張って正業で盛り返してくださいね。
こちらが持ってるチラシを見ると、営業時間当初は11時から朝4時までにしたかったっぽいですが、サイトでは11時から23時になっています。

▲開店前に配っていたチラシ(電話番号等はカットし、メイドさんにモザイクかけました)
●関連サイト
ぽんでぃしぇりPC公式サイト
ぽんでぃしぇり携帯公式サイト
(店長ブログ)流れよわが涙、とメイドさんは言った なぜか店長の女装写真が多い

ああ、うまそうな「高麗参鶏湯」

そんなに食うなら走らんとさん経由で見たこのサイトのこの項目。
このお店、Hanakoにも出てましたが、メニューが3種類しかないと、他店と違って潔い。しかもどちらのサイトでも大絶賛。そろそろいかないとなぁ。
(追記)▲新大久保駅を出てから、大久保通り(歩道左)山手線内側方向へまっすぐ。パチンコ屋の右路地を入るとこの看板が。とんちゃん大久保店より手前(ビルが一緒(?)なのでとんちゃんの所にも看板は出てますが手前脇路地から入る)。
早速いってきました。食べ物の写真は他のサイトをご参照。…旨い!元気になりました。キムチは白菜だけなのにポッサム(海鮮キムチ)みたいな味がします。サンゲタンは、よい意味でスープが薬膳!鳥がかなり柔らかくなっていて、既存のサンゲタンとはまた違う感じです。
あと、(男でも)肌に潤いが出ます! ほんとに。これから載る本も含め、女性誌の取材が多いのも納得です。
ライブドアの逮捕報道を見ながら食べてました。WBSみながら食べるのもいいですね。いまくらいの混み方なら、空いてる平日とかなら一人でも食べられそうですが、そのうち人気店になってしまいそうな気もします。
●関連サイト高麗参鶏湯ファンサイト(nabeさん)高麗参鶏湯公式サイトグルメウォーカー(クーポンあり)ぐるなび(クーポンあり)レッツエンジョイ東京(ぐるなびと同じ記事)
●広告
ホットペッパー

2/28まで使えるサブナードのレストランクーポン

→クーポン(サブナード)
新宿東口地下街のサブナード。主に靖国通り沿いに広がっています。
現在、レストランクーポンのキャンペーンを実施しています。基本的には配布しているものだそうですが、プリントアウトでもOKだそうですのでガンガン使いましょう。
期限に注意。
●広告
ホットペッパー

伊勢丹「サロンドショコラ」「ビーズマーケット展」2006/1/25から1/30まで

→ソース(伊勢丹)
2006/1/24日まではよーじやコレクションをやっています。
25日からは、
●ビーズマーケット展詳細 こちらもそれなりにおなじみのイベントです。
●サロン・ド・ショコラ詳細 例年やっている世界最大のチョコレートの祭典
どちらも25日から30日まで。バレンタインの準備にもどうぞ(もつのか?)
そのあと、2月1日から6日まではは
●冬の大北海道展 豚丼たむら、きのとや、北菓楼が新登場。スィーツ主体と他との差別化がはかられているようですね。
●広告
ホットペッパー

上海小吃にすずめが登場

歌舞伎町の路地裏にあり、直輸入をするため季節ごとにあまり日本では食さないような新メニューが登場する上海小吃(しゃんはいしゃおつー)ですが、新たに「すずめ」が登場しました。輸入されています。まあ日本でも焼鳥屋さんで出るものですが、それらも殆どが中国輸入品です。いちおう検疫されているので問題ないかと。姿焼きの状態で何匹も皿に載って出てきます。
こんな感じ(食べた途中の写真)グロ注意
食べたい方は、関連記事を参照の上海小吃へ(直輸入品のため在庫のない時もあります)。蛙とか(いまや蛙は中華料理店の一部でも出ますけど)、田うなぎとか、兎とか、かなり不思議なものもありますが、概ね日本人が食べないものは美味しい。平日・土曜PM6-AM5、休祭日PM6-AM2(各ラストオーダ)年中無休。
●関連記事
上海小吃で深夜でも上海蟹 2月いっぱいまで。酔っ払い蟹はもう少しあるみたいですが。
上海小吃のかなり凄い料理
他にもありますが古いので省略
●関連サイト
上海小吃ホームページ
ライブドアグルメ
食べログ
ask-uレストランガイド
静岡県東部食肉衛生検査所のQ&A(参考資料)
●広告
ホットペッパー

手塚眞の映画「ブラックキス」、新宿が舞台で歌舞伎町1番街で、ハイビジョンにてゲリラロケ

→ソース(MOVIEWalker)
しかし、お世辞にも奇麗とは言えない新宿の繁華街が、手塚監督というフィルターを通すと毒々しい食中花のような美しさを帯びて妖しく輝き出す。
 「歌舞伎町の一番街をゲリラ的に撮ったんです。汚い部分もハイビジョンカメラで生々しく映そうとしたんですが、出来上がった作品の中で見ると、不思議と奇麗に映っているんですよね(笑)。(ソース部分引用、前・後略)
そーか、手塚作品だったんですね(手塚眞は、漫画の神様、手塚治虫の長男)。テレビCMは手塚色ずいぶん抑えてるなぁと思ったんですが。新宿が舞台だというのも知りませんでした。そういうことならちょっと見に行こうかなぁという気もしますが…。しかし営業上の理由もあるんでしょうけど(事情はしりませんが)、なんで公開までこんなに年月がかかっちゃう上に改題されちゃったんですかね。
ちなみに手塚眞作品はこちらで結構配信されておりますです。
●広告
TSUTAYA DISCAS

朝日新聞東京版で「源流・新宿 犬の記憶」が連載中

→ソース(asahi.com第一回) (第二回) (第三回) (第四回)
こちらの記事掲載時点ではまだ完結していないようですが、写真集「新宿」でも有名な、写真家森山大道さんの目を通した新宿が主に語られているようです。僕が子供のころは森山さんの私設ギャラリーは渋谷にあって、「写真時代」誌とかに鮮烈なモノクロページを撮っていたのを覚えています。あんまりそのころは新宿を撮ってるイメージなかったんだけどなぁ。昨年は森山・新宿・荒木展を開催したので、覚えている人も多くなっているかもしれません。