芸能浅間神社

 花園神社の構内、右手前の片隅に芸事の神様がいる。芸能運、成功運、勝負運などに効果ありといわれており、芸能人の信仰が厚い。奉納者名を見れば、効力は感じるものだろう。最近ではもともと唐さんの劇団からの縁もある佐野史郎氏も名を連ねていた。御祭神は木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤヒメ)。
 手水のところには龍もおり、歌舞伎町のコマ劇場前の噴水が埋め立てられてしまってから「龍の水飲み場がない」といわれていましたが、こんなところでひっそりと水を飲んでおりました。
 なぜ花園神社に芸能神社が、というのは昔、大火で焼けた際の再建時に、構内で演劇などを行って再建費用の一部にあてたということで江戸時代から芸能とは縁があるということ、また遠い昔は芸事=神事であり、その流れが今にひきつがれているということがあるのだそうだ。
 正月、花園神社にいかれる方でも芸事や勝負の世界にかかわっている方は、初詣のついでにでも一度この神社におまいりしてみてはどうでしょうか。KIWIインターネットのEHE社長も毎年ここにお参りしており、業容が拡大した理由はこの神社としか思えないようなことをブログで書いておられます。
 宇多田ヒカルの母、藤圭子の歌碑が、この神社の中にあるのも芸能浅間神社の力を感じずにはおられませんね。
花園神社は、新宿3丁目駅下車徒歩3分くらい、新宿5丁目交差点近くです。
●関連サイト
芸能浅間神社の紹介(LET’S ENJOY 東京) 同じサイト(2)。龍神のよだれ?
日立ハイテク電子エンジニアリング株式会社内の花園神社・芸能浅間神社の写真紹介ページ(なぜ?)
花園神社
花園神社内の芸能浅間神社の説明 2番ですね
花祭り コノハナノサクヤヒメにちなんだもの
花園神社(ニッポンの歩き方内) 芸能浅間神社の表記あり
パワースポットガイドブック に芸能浅間神社が登場 他の記事にも新宿界隈のパワースポット多数。
日本スキマ漫遊記 花園神社 芸能浅間神社も出ています。
毎日が観光 花園神社 (芸能浅間神社の紹介あり)
藤圭子歌碑 リンク先下のほう。実は芸能浅間神社の他にも、歌碑は近隣西向天神社にもあるのだ
天空仙人の神社仏閣めぐり 芸能浅間神社
朝イチ430 花園神社
道中記 芸能浅間神社
探偵ファイル ザ・山木 芸能浅間神社→コマ劇場前、2003年カウントダウン
すっぴんで行こう
今日のいいとも 下のほうです。芸能界で売れるためのお払い 芸能浅間神社で4万円だそうです。
独学毒舌 花園神社側に、芸能成就のお守りがあるとか…
神社めぐり

BoAがソウル牛乳のCMを新宿通り等で撮影

→ソース(中央日報)
ソウルを離れて新宿通りを歩き、故郷を懐かしむBoAというコンセプトですね。9月に撮影されたようです。第二弾以降も同様のコンセプトのようです。1月から韓国国内で放映ですが牛乳のCMだけに(鮮度の関係で、日本には入ってこないので)、KNTVなどでは流れないんだろうなぁ。まあたまたまどっかで見る機会があったら場所など探ってみようかな。BoAは韓国国内でもかなり人気だった記憶があります。以前観光で韓国行った時も、ビルの壁面が一面BoAだった記憶があります。写真とか出てきたら載せようっと。職安通りでなく、あくまで新宿通りなのが象徴的な感じです。
→CMが見れます。Youtubeって便利。確かに、新宿通りもちょっとだけ写ってます。

12/31 新宿ミラノ座で「カウントダウン映画でお正月2006年!」

→ソース(チケットぴあ)
3D映画もあってちょっと楽しそう。チケットはぴあで発売中。詳細はリンク先で。
3000円(前売りの場合)、12/31PM10:00~
上映作品(新作3本):『シャークボーイ&マグマガール 3-D 日本語吹替版』『シリアナ』『スタンドアップ』
・カウントダウンパフォーマンス
・豪華お年玉抽選会(白馬東急ホテルペア宿泊券、映画グッズ福袋、他)
・2006年上半期映画予告編大会
・オールナイトイベントにつき18歳未満の方はご入場いただけません
●広告
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★
宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】

ロフトプラスワン「オールザッツバカ映像」がムービーウォーカーに取材される

→ソース(ウォーカープラス)
多分このライターさんのいいたかったことは電話突撃(通称電突)のむてきんぐ氏のことを書きたかったのでしょうが、黒映像(=著作権クリアしていない)イベントを、「正規映画会社の版権商品を扱うサイト」が報道することにかなり問題点を感じるのですがどうか。具体的には違法性のあるものは描かないものの、あんまり堂々と表舞台に出しちゃダメですよ。
●広告
★月額2,079円でDVDが借り放題!!★
宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】

新宿高野のクリスマスケーキ(マロン・ド・ノエル)から黄色ブドウ球菌

→ソース(読売)、(朝日)
→(日刊スポーツ)経緯に詳しい
23日中に販売は中止したものの79個が既に販売済みだったとか。事実を先立って公開しなかったことが責められているようですが…。25日にケーキ買いにいったときはそんなことは店頭にかかれていなかったですよ。売り時だから、そんなこと書いたら商売にならないんでしょうけど、誠意ないなー。
(前略)検出が判明した23日昼以降は販売を中止した。それまでに21日製造分が最大約70個売れた可能性があるが公表せず、保健所に届けたのもクリスマスイブが明けた25日だった。
 新宿高野の野村浩専務は「隠す意図はなかったが、食の安全への認識が足らず、反省している」と話している。保健所への届けが遅れた理由について、新宿高野は「詳しいデータが届いたのが25日朝だったため」としている。
新宿高野によると、森永エンゼルデザートは、抜き取ったサンプルを毎日検査していたが、21日製造分のサンプルから1グラム当たり8800個の黄色ブドウ球菌が検出された。(後略、ソース日刊スポーツより部分引用)
結局その日には3箇所も店舗寄ったにもかかわらず高野で買わなかったんですが、(25日に売られているものは安全なんでしょうが)本能的なカンは正しかったのかも。

長らく「白看板」となっていた新宿駅前の元映画看板が、いいとも特番の告知で久々に満稿に(金券屋の上除く)

東京都副知事の指摘で映画看板が一斉撤退して以来、数枠は必ず白看板が残っていたアルタ前ですが、いいともの年末特大号の告知看板で埋まったようです。しかし、いわくは知ってるでしょうに、いろいろと付き合いがあるんでしょうかね。そのためなのかなんなのか、フジテレビのマークが無かったような(あったらすいません)。

ちなみに、大ガードまで続く広告エリアの、中質店などの業者看板は、今でも有償広告が入っている一番左とガード沿い信号際のものを除いて看板ごと撤去されたようです。
●関連記事
竹花副知事が人事異動
中(あたり)質店の看板にくっついている本物バッグなどが、残り2つほどまで減っていた
ハードな発言続出「歌舞伎町ルネッサンス」
新宿大勝軒、(2004年)12月15日にオープン
「きみ死ね」イベントでわかった「新宿3丁目900」地番
すげえや新宿区新聞

歌舞伎町の大掃除は31日?

 普通の企業であれば、年末休業の関係上26-29日頃に、一足お先に大掃除してしまうというのが一般的だが、歌舞伎町では主に12/31と、一般家庭とほぼ同じ時期に大掃除となる。年末はかきいれ時ということもあるし、雇用形態がアバウトな歌舞伎町の飲食店・接客業界では、あまり休めないという事情もある。
 31日では、民間収集業者も収集しに来るとは限らないため、一部においては店先にゴミが積まれた状態で正月を迎えることになる。歌舞伎町界隈ではこういう日に外に出たゴミは平常のものと違い、質が良いものでも買い替えなどで捨てられるため、このへんのゴミ漁りで備品をそろえている店舗もあるといわれている。以前、Blog「楽しい歌舞伎町ライフ」で歌舞伎町のゴミは…というエントリがあったが、普段でも歌舞伎町の店舗では時折排出されたものが業者に収集されるでもなく置いてあるものもある。そういったものは需要を見越して持っていってほしいという前提であったりするので、人通りの多い歌舞伎町では自然とリサイクルされてしまうのである。
 しかし、堅気でない排出物もあるので、あまりプロでもない限り、漁らないほうがいいかも(プロでも違法ですけどね)。

山本晋也の「カントク&乱のエンタメ天国」が各プロバイダ配信

→ソース(RBBTODAY)
もともとは「ランク10国」で公開されていたものなど、「ドライブAGO!GO!」歌舞伎町編、「変わり行く歌舞伎町05夏」 などが配信される。いままで独自配信だったのですが、凸版印刷のBitway課金に乗っかったってことですね。
ランク10国は大筋トゥナイトの流れを引いたネット番組で、どこの会社がやってるかしりませんが、歌舞伎町風俗の映像歴史としては、テレビ局所持外のものとしては貴重なものになっていくはずです。
●広告
月額125円からの「さくらのレンタルサーバ」

歌舞伎町火災左脇のビルがam/pmと北の家族に

 以前、地下にネット漫画喫茶(まんが広場だったかな)、1Fにゲーセンのあったロッテリア脇の歌舞伎町1番街奥・歌舞伎町明星ビル火災現場左手のビルですが、今朝見たらゲーセンがam/pmに、地下の漫画喫茶が北の家族に変わっていました。am/pmは開店の花がまだあるので、まだ開いて日がないかと。それにしても、ビル全体の白看板が涙を誘いますな。建物は結構古いようで、茶色のペンキの下から昔の面影が覗いています(写真には写ってないですが)。
歌舞伎町コネタ
・さくら通り入り口対面(靖国通り向かい側)の、携帯屋の屋上にある光通信系の大型ビジョン「HitVision」が、区のビデオなのか、神楽坂あたりの観光映像を時折流し始めていました。
・100円雑誌売りの開店現場を発見。ちゃんこダイニング若もあるT-Wingビル前でなにやらビルのエレベータホール奥から取り出してきたアクリル板を、机の上に敷いている様子。どうやら、あの台もビルの中に仕舞っているようです。
・新宿からホテルリステル猪苗代(福島)までの直通バスというのがあるのですが、早朝BYGSビルの前に止まってました。もしかしてあそこから出発なのでしょうか。2丁目で酔っ払ってそこから午後にはスキー、というのもありなのかもしれません。
・西武新宿駅沿いのロッテリアプラスからコマ前ロッテリア方向に歩いていたら、ビルの上のほうに「カラオケ2001年」という看板を発見。もちろんカラオケ屋自体の名称は既に別名なのだが、この看板だけ残ってしまったらしい。「2001年」から放置なのでしょうかね。タイムマシンみたい。
・ラーメン神座の脇の弁天様の、敷地内のくぼ地(池跡?)で寝ているホームレスがいた。ある意味ご加護があったり、肝が据わっているのかも。
・クリスマスが終わった途端、もう門松が!今年も終わりだ~。