新宿郵便局の「投信」初日売上は…

→ソース(朝日)
一日3人しか対応できないそうですが、他の金融機関が投信を売り上げの柱にできたのは手数料収入も勿論ですが、そんなに投信がよくわかってない人ばかり来ないからじゃないでしょうかねぇ。

新宿御苑の特撮造型+CG会社、ビルドアップがTYOに買収される

→ソース(日経)
→ビルドアップはこういう会社(一瞬音出ます)
わりとオタク系な作品を多く作っている新宿御苑の会社でしたが、TYO傘下になるそうで。
新宿御苑沿いに移ってきたときは某Blogでわりと喜んでいたのを見てたりする。…地獄耳なのです。
ここの社長も自分で監督し、映画「SPECTER」を作ってます。
→SPECTERスレ(2ch特撮板)
→TYOはこちら
企業情報
TYOは上場しているようです。子会社改善やM&Aで経常利益が43%増となっているとか。グループ会社も25社あり、テレビCM制作は6社、アニメ企画制作は3社持ち互いに競合させ、市場メカニズムを生かさせ、赤字を放置する子会社からは資本を引き揚げるなどの方針とのこと。
しかし、ビルドアップも、売り上げ2億強で、増資でもなく株式を現状発行数の8割の800万で手放す事情はなんかあるんですかねぇ。

西新宿電話局のBBフォン設備から煙

→ソース(INTERNET WATCH)
 僕もこないだまでYBBユーザーでしたが、モデム類はコストのためか中国製でした。
特に偏見はないつもりですが、もしかすると交換機周りの部品もコストは考えているでしょうから、ごく一部に検品の悪い部品が混じってるんじゃないでしょうかね。可能性として、であって、私はYBBのコストの安さには感謝しています。

池袋も大変だな…

→ソース(毎日)
東京・池袋の分譲マンション管理組合などでつくる団体が、風俗店を地域ぐるみで締め出す活動を始めた。(中略)JR池袋駅周辺の分譲マンションの管理組合、管理会社など19団体で構成する「豊島マンション連絡協議会」。同駅周辺のビルやマンションには400軒以上の風俗店がひしめき、加盟組合のマンションすべてに風俗店がある。(以下略、ソースより部分引用)
 風営法の改正の問題として「無許可店舗型風俗は認めませんけど、無店舗風俗なら届出は認めますよ」ということを以前した訳です。これは看板の出ている風俗店が目立ちすぎて、公衆衛生的にも教育的にも社会的に攻撃をされていたからです。とはいえ、いきなりゼロになるはずもないことは警察も理解済みです。そして、一部有力店に関しては、規制前の許可が既にあったり、警察とのなぁなぁな関係を築いているところもあります。(今は、店舗型の許可が下りないのです)彼らは法的に、または癒着がなくなるまでは無くなることはありませんので、他のグレーな部分を攻めることになります。
「無許可店がのさばるのは地域的・教育的にもまずい。そのかわり、デリヘル形態にして警察に届出出して、看板出さないでくれれば、受付がマンションでも警察で把握できる形態なら(巡回摘発とかはあるけど)大筋いいよ」”というように勝手に理解できる形”で、なぜかデリヘルの届出を受け付けた。
 結果、風俗店自体はデリヘル形態にシフト、地下に潜って、店が街中で目立つことはなくなる。警察では地下店も(届出および定期立ち入りで)すべて把握できるので、特に問題は生じない。
 しかし、それでは告知媒体を持たなければ商売にならないし、最初はネットもたいして力がなかったので、風俗店側の我慢が続く。一時期は「儲からない」という声のほうが高かった。それでも自分でいろんな努力をし、一部は今ほど派手ではない案内所を作り、一部は自社でフリーペーパー情報誌を出してビデオ店に置いたりしているうちに、iモード携帯の普及もありだんだんとネットも力を持ってきたので、告知媒体をネットに移行し最近は無看板でも商売になってきた。しかし、いまだ告知不足で苦しい所も数多い。
 そしてとある人物が以前からあった「風俗案内所・チケットセンター」に着目。実質自社受付だけにし、拡大させるということを考える。結果、逆に路面が案内所だらけになるということになり、看板も数メートルという巨大なものが現れる。風俗をおとなしく、警察の管轄下にさせ、看板を出させないという警察の目論見はここで崩れる。
 大阪では規制も開始された。
 最終的にこうなる訳ですよ!
 警察の言うとおりにやった結果こうなってる訳です。あちらの考えが甘かったのかもしれません。
 で。上のニュースソースのように「池袋東口の組合加盟全マンションにデリヘル」みたいなことになる。
もともとあった風俗店(無許可店)が全部対応策を考えたらデリヘル形態に移行せざるを得なかった訳ですから、プレイルームは契約ホテルにするにせよ、少なくとも受付は費用対効果を考えたらまずマンションにしますよね。それにしてもいつのまにか「全マンション」になっているのは驚きましたが。
 池袋は風俗の追い出しが急務になっているようですが、新宿から追い出されて池袋に行っている人も結構いると思うのです。じゃなきゃ、ここまで大変なことにはならないでしょう。
 それに、池袋も、1-2年前にビル1棟自社賃貸の物件でやっていた所や、ちゃんと風俗ビルを借りていた店舗型などが摘発を受けたりして、リスク分散からいろんなマンションにわけるようになってしまった部分もあるかと。組合はすごく困ってるかもしれませんが、風俗ビルにまとまっている分には回りに迷惑はかからないのに、無計画な摘発でよくわからないことになってしまった、という部分もあるのではないでしょうかね。
 元々のコンセプトだった「デリヘル扱いで看板を減らす」というのが破綻してる訳で…
 またきっと風俗営業法も変わってくるかもしれません。
 店舗型を認めないくらい厳しくなってくると、しまいには超アングラで警察でも把握できない秘密営業みたいな店舗が増えたり、個人営業(業者つき)みたいな時代が来ます。もう少しどうしたらいいか、政治・警察でも考えないといけないんじゃないのですかね。
 素朴な疑問なんですが、昨今のこの手の規制の「暴力団の資金源を減らすための風俗を減らす」という告知、素直に考えれば風俗営業を減らす前に、直接的な暴力団対策でやることがあると思うんですが。風俗は勿論、直営なら多大な資金源ではあるでしょうけど、間接的なみかじめなら、あっても儲かってないとこなら八~十数万程度しか動いてないこともありますし、資金源なんてそれだけじゃないから、直接経営店ばかり絞らないと、あちら側の首は絞まらないでしょうに。
 だいたい、歌舞伎町界隈なんか、風俗店はともかく、特定場所にはその筋の団体拠点のあるマンションが多いでしょうにね。そちら側は入居規約で詠ってても、追い出し効果がないのに。各種条例まで変えて、風俗店側ばっかり不動産から追い出す規制するのってなんか変ですね。

上海小吃で深夜でも上海蟹

▲上海蟹を蒸したもの。お手軽だ。

▲上海蟹を炒めたもの。黄色い卵がはみ出して汁と絡み旨い。

▲不夜城をイメージしてしまう、鉄扉(他の物件)と、中華風の看板

▲お店。ちなみにこの写真は朝撮ったもの。
朝でもこれくらい暗い、本当の路地裏なのだ。
 歌舞伎町のこれ以上怪しい場所は無さそうな路地裏にある上海料理の名店、上海小吃(しゃんはいしゃおつー)に毎週上海蟹が入荷してくる季節になった。これから1~2月くらいまでは頻繁に入荷がある。深夜でもAM5時まで営業、4時台くらいまではオーダー出来食べられる(日曜祝日はAM2時閉店)。深夜に蟹が食べたくなったら結構おすすめ。毎回6ハイも8ハイも食べてる人がいます。個人的には「炒め」のほうが旨いです。日本の蟹とは大きく味が異なりますよ。
 なお、上海蟹をオーダーしたことない人へ。まずは雌を食べてみることをおすすめします。雄よりも身が美味しいのです。雄も売っているということは、何かコツをつかめば雄も美味しいのでしょうけど、雄だと黄色い部分がないので、よくわからなかったです。(白子があるといいますが)。開け方がわからないときは店員さんが教えてくれます。
※エラの部分は取って食べましょう。
壁には1500だの1800だの、昔の値段が書いてありますが、なんといまなら雄雌問わず1匹1200円。安すぎ。これから2月まで食べられるそうだ。
 場所や営業時間は、公式サイトを見てください(見ても多分迷いますが)。花道通りを通る人なら、風林会館向かいの風俗案内所「NAVIGATE」の右の路地裏を入り右折したところにある明るい所です。東通りから来る人はぶっかけやの左の路地を入った所。多少の大陸的なことは気にしないこと。
●関連サイト
上海小吃(公式)
ライブドアグルメ
食べログ

上海蟹【メス♀&オス♂】二尾セットメス蟹&オス蟹「各一尾」のお試しセットです♪(楽天・紹介店舗とは別のものです さかなのデパート三栄)
●広告
ホットペッパー

くまもと阪神の「大江戸のれん市」の人気商品は新宿の「追分だんご」

→ソース(TKUスーパーニュース・テレビ熊本)
われわれ新宿住民も「追分だんご」をもっと再評価しなければいけませんね。ちなみに追分だんごは、新宿駅からだと新宿通りを伊勢丹方向へまっすぐ、新宿三丁目の交差点を抜けると、道路右側にファーストキッチンがありますが、そのだいたい左隣のあたりにあります。ちなみにハゲ天も新宿のデパートに結構入ってますし、新宿駅中央東口すぐ、MY CITY地下にある高級スーパー、THE GARDENでも弁当が買えますよ。
●広告
ホットペッパー

段ボールを1箱から預かるサービス、新宿から

→ソース(証券新報)
エリアリンクは、段ボール箱を1箱から顧客宅に取りに行き保管する事業や、貸金庫サービスを11月に始めると伝えられている。(中略)段ボール箱の保管サービスは、まず東京・新宿の店舗から始める。料金は段ボール3箱を3カ月だと約1万円(往復運送費など含む)で預かる。(ソース部分引用) エリアリンクというとハローマンスリー、ハローコンテナ、ハロートランクなどで有名。段ボール1つから収納できるサービス自体は結構歌舞伎町から大久保のエリアには他社でも多いほうなんですが、1つでも引き取りに来るのはいいですね(持ってかなきゃいけないところのほうが多い)。3箱3ヶ月1万円でも、ホストや水商売の人、また夫が趣味で集めてる変なマニアグッズで揉めてる家庭とか、訳ありなら全然払えるのでは…。

西口地下通路に新商業施設「フレンテ」2005/10/25オープン

→ソース(日経)
→テナントリスト
京王は京王新線新宿駅、京王モールに隣接した地下通路(都庁方向)に「フレンテ新宿」という商業施設をオープンさせる。SOUP STOCK TOKYOや書店、神戸屋のベーカリー、クレープやイタリアンカフェもあったり。東京初出店の帆布かばん店「帆布工房GYUYA」も。都庁方向や西新宿に通う京王沿線住民の人にはとても便利そうです。
●関連サイト
ニュースリリース(京王グループ)
●広告
ホットペッパー

廃墟スタジオが9月閉鎖

→ソース(Free Fall コスプレイベントとデジカメライフ)
以前営業中は名前を伏せて紹介した、「ホテル石川」。ラブホテル廃墟がずっとスタジオレンタル業者PSTUDIOのスタジオとして商用撮影にレンタルされていたのですが、ついに9月で閉鎖となったようです。残念。
●関連記事
歌舞伎町の廃墟スタジオ
●関連リンク
最後に撮影された方のBlog(西川和久の分室)
大御所もご愛用(山岸伸撮影日記)
●広告
デジカメ写真が売れる?写真をデザイン素材として販売する!