[動画]歌舞伎町地区関係機関・ビルオーナー等連絡協議会

→ソースはこちら(IIV NEWS…MXTV)
→動画直リンク 高画質(WMV) 低速回線(WMV)
客引き関係の条例改正もあって、周知徹底のため30日に説明会が開かれた模様です。新宿署長など日ごろ動画で見れない方々がたくさん動いています。店子に通知をしてもらうのと、違法風俗店に貸した場合のビルオーナーの責任が明文化されているための説明が狙いだと思いますが、ビルオーナーさんのほうが一筋縄ではいかなそうな気もします。約90人が出席した模様。やたら野球帽をかぶった左列の人(複数)が気になります。

きのう4/1は歌舞伎町の誕生日

 なにげに『おもいっきりテレビ』の「今日は何の日」を見ていたら、きのうは「歌舞伎町の誕生日」でした。
 歌舞伎町という名前は歌舞伎のできるホールを中心にすえようという市民の想いから、昭和23年の4月1日に採用され施行されました。昭和25年に東京産業文化平和博覧会(東京博)が歌舞伎町をメイン会場で行われていたのは知りませんでした。そして敗戦後の復興に尽力した人物鈴木喜兵衛氏(歌舞伎町商店街振興組合初代理事長)と血のつながっている人物が、今の「とんかつ茶漬け」すずやの店長とは…
 そして、おりしも歌舞伎町の命名と同じ4月1日に、客引き禁止条例が施行されるのも何か縁があるのかもしれません。
 TVということもあり、戦後復興時闇市で活躍した組関係の方々は黒歴史扱いになり採り上げられていないわけですが。ふところの深い街というところは共感しますね。
 しかし、「健全」を叫ぶ人々と「不健全」扱いされるその筋・海外系・風俗と、2方向で並行したドキュメンタリー映画とか作りたくなるなぁ。歴史をたどるだけでも、相変わらずこの界隈は面白いです。
 なにげにみのもんたが「昔、『クラブ・リー』といういいクラブがあったんだよなぁ…」と漏らしていました。
多分、2日くらいするとHPに上がると思いますのでご参考に。→きょうは何の日
●関連情報
↓下の「荷風!」Vol.1は新宿の街歩きが特集。
昔の話が沢山出ています。もう1年前くらいなので
ネット書店でしか買えません。(Amazonへリンク)
荷風! [2004]―時を超えて遊ぶ、大人の街歩きガイド!!

日経は客引き条例で案内所の違法店紹介は共犯・ほう助扱いも方針にと報道

→ソースはこちら(日経)
>歌舞伎町で最近目立つのは「無料風俗案内所」。
>風俗店からの手数料で営業し、この1年で倍近い25、6カ所に急増した。公
>共の場所での迷惑行為に適用される同条例の対象外だが、
>客に割引券を渡したり、店員が「看板が出ていないから案内します」と
>店まで連れていくことも。
>警視庁は、案内所が違法店を紹介すれば風営法違反の共犯か
>ほう助容疑で立件する方針だ。
4月1日は僕も歌舞伎町内をチェックしてました。
実質的な逮捕者は新宿では数人のようですが、相当数の客引きがいなくなったり、
ごく一部のホストは店舗の中に立っているというようになっている様子です。
そのうちホストクラブも「案内所」ができて、「案内所待機」とかになったりして……
しまいにAVや風俗求人も案内所になったら笑えますが…。
ありえなくもないですね。
深夜の黒人客引きはかなり居なくなっていた。解雇されているのだろうか。
不良外国人ではあるが、ああいう人たちでも多少は今後のことが気にかかります。

客引き禁止条例本日施行

→ソース(朝日)、(共同通信)、(時事通信)
改正東京都迷惑防止条例によりキャバクラなど異性が接客する客引き行為や、AVのスカウト行為、性風俗店のスカウト行為、暴力団の集団での威嚇行為(いわゆるパレード、地回り)も禁止される。またいままでは雇用関係を立証する必要があったが、実行行為だけで取り締まることができる。また歌舞伎町以外も含め19区6市の繁華街が対象。
どうなったかは近く見てきます…