警察+商店街のパレード?

歌舞伎町案内人日記10/29(リンク先をNEXTで指定日付まで読み進めてください)によると、歌舞伎町商店街振興組合+警察関係者の巡回と思われる行為が行われたようだ。李氏曰くパレードというのは今までヤクザが威信のためにやっていた巡回行為になぞらえての文学的(?)例えであろうが、どうも歌舞伎町で黄色い服…というと、「ひげガール」の客引きのほうを先に思い出してしまいますね。

きょうは新宿のLOFT(西武系の方)、ジュンク堂が開店日。

LOFTは新聞広告で「ちょっとよい物を選別して置いているLOFT」感を演出、ジュンクは「新宿の書店戦争」で新聞記事になってましたね。LOFTは三越内だからという差別化はしなくていいって!と思うのですが、フロア数が少ないから仕方ないのかな。雨とかで週末引きこもろうと思ってる人も、(営団丸の内の)地下道から濡れずに行けるから、行って見るといいですよ。

新宿飯店でジャージャー麺

肉体的な疲労はかなりのものだったが、深夜に起きる。新大久保のソナタを見ていたら、チャジョンミョン(ジャージャー麺)が急に食べたくなり、朝3:30新宿飯店へ。区役所通り店で済ませたかったが閉まっていたので、タクシーに乗ってまで職安通り店に行ってしまいました。ここはかつてユンソナも来てましたが、いい感じでやさぐれてて意外と好き。まあ普通の味だけど、日本風よりもミソ味がなくて食べやすい(味噌は別づけでついてくる)。
流れでドンキのホットク屋台も初デビュー。開店当時はあまりに得体が知れなくて敬遠していたものの、最近では土日は並んでいるほどの人気店になっている。ホットクとはなんだろう蜂蜜味だとおやつだし、チーズ味だとピザみたいになる食べ物。焼くのに時間がかかるので、地元の人と談笑しているのが特徴的でした。かなり待たせる関係か、1枚サービスしてもらったです。ここの運営会社の巨山(HANARO)はドンキ関連にテナント提供したり、菓子類を作っていたり、ドンキの(職安店の)巨大ビジョンもやっており、この界隈ではよく名前を聞く会社。
で、歩いて朝5時頃帰ってまたこれから少し寝て会社行きます。
●広告
ホットペッパー

思ったより重い様子。

 臨時休業して部屋に引きこもり中。豆腐とピーマンとスンチャンテンジャンとほんだしで味噌汁。あとはメール2つ打ったくらいで何もしない。いままでだったら絶対倒れないような状況なのだが、精神にひっぱられて肉体疲労が出てきた感じだ。今週、顔色が白かったようだから仕方ないかな。表通りの車の音だけが響く。

「血と骨」パネル展が歌舞伎町ハイジアで11/15まで

歌舞伎町商店街振興組合によれば、ハイジアの1Fアトリウムにて、雀洋一監督ビートたけし主演「血と骨」のパネル展示を10/29-11/15まで行う模様。歌舞伎町商店街振興組合の@AGEHAトップページには「血と骨」サイトへのバナーリンクが貼られているけど、イベントを大きくするのが本筋ではないかとも思うのだが。

11/3歌舞伎町で6大学応援団パレード他開催

歌舞伎町商店街振興組合によれば、10月3日(日)の歌舞伎町ふるさとまつり演目は、雨天の為全て中止になったが、東京六大学パレードは日程を変更し、11月3日(祝)13:30~17:00(予定)に開催されるという。
予定スケジュール:
13:30~14:00     NPO法人 日本バトントワリング協会
14:00~15:30     東京六大学応援団 歌舞伎町パレード
15:30~17:00     応援合戦
会場はシネシティ周辺。

区役所通り右脇、チケットショップが閉店、アコムに。29日オープン

 きょうはなんだか肉体は元気だったのだが精神的にダメな感じだった。
 来週入れるDVDのため急遽声優と録音スタジオをあたろうと思ってたが思いのほか業務上出席しなければいけないものが長引き、録音は諦めなきゃならないかなという感じ。
 部下土産のタイの赤いヌードルを食べて、クノールのインスタント粥を食べたらかなり眠くなり、部下も飲みに行ったので、すべてを諦めて寝る。
 起きたらさらに部下が別の部下を誘って飲みに行ってるようなので混ざりたかったが、こちらの話とかしてるんだろうしガス抜きだからしょうがないかと帰る。最近、なんとなく他の上司の気持ちもわかるようになってきたですよ。
 せめて汗をかこうと自転車で新宿に向かうが、もう寒いから汗はでないね。きのうに続き、健全な定食を食べようとかむくら向かいの「つるかめ食堂」。なんだか例のおばちゃんがいないと元気でないなー。あの「生きザマ」についてきているようなもんなのに。さんま定食+ゴーヤ+一人ビール。新聞を開くと、都会を揶揄するような田舎のマンションの新聞広告。都市部は大好きだけど、何かが足りないのはそりゃ確かだよという気分にはなるね。食べてメシをおかわりしたら、別のおばちゃんが喜んでくれました。きのうもおかわりしたから、彼女の中では「いつもおかわりする人」なんだろうな。
 店舗前を区役所方向に歩いていくと、右側に横浜を拠点とした大風俗グループ「ハレンチグループ」が1拠点を軸にしたデリヘル形態化となって、案内所として朝まで開いているが、今は精神的には弱ってるものの風俗に頼ろうという気分にもならない。というかオナニーすらあまりしなくなっている。不健全な精神を改善方向に導く手段は持っているが、理由がわかっていても対処の仕様の無いことはある。遠まわしに言うと、いわゆる施術者が患者から受けるようなアレだ。というとヒーリングとか精神関連に関わってる人ならわかるかな、と。
 で、きょうの本題。前置き長くてごめん。
 いわゆる区役所通りミスタードーナツの右の小路をはさんだ右隣のチケット屋さん(遠い昔はSONYショップだった所)が1年くらいで敗退か移転か、でもうアコムの店舗が出来かけてました。
 ATMだけなのか営業所なのかはわかりませんが29日より営業の様子。アコムは24時間だし、周囲の信金は夜は閉まるし、便利な場所への出店なので、なかなかはやりそうですが周囲がイマイチ明るくないので、周囲を照らすくらい明るくしてほしいですな。

びっくりボディのHPを見つつ烏来へ。

愛すべき変なもの+新宿辺りの話で見つけたのだが、新宿3丁目のゲルマニウム温浴屋さん。
「びっくりボディ」ってすごい店名だったのでリンクを貼ってみる。
体験記のあるBLOGはこちら。
へー。基本的には普段の時間帯は女子専用だが、午後11時以降は男も可か。エリア的に深夜は2丁目界隈の客なんじゃないかなぁという感じもしますが、基本的に女子用だから、雑居ビル内にあるのも安さで割り切ればいいかもですね。
 きょうは遅めの出社後、仕事上のパブで出た某風俗誌の取材掲載誌を読む。髪が薄い。家に帰らない状態で取材に出るのはやめようと思った。あまりに疲れててやる気が出ない状態だったので、夜11時頃抜け出し、高級台湾系マッサージの烏来(新宿店。カップルが多い)で足+全身マッサージ、約1万強。オイルの匂いが残るから既婚者はつらいかもしれませんね。その後歌舞伎町の愛すべき大衆食堂つるかめ食堂にいって、鯖焼き定食。先ほどまた会社に帰ってきました。ちょっと溌剌としたというか生き返る。歌舞伎町の入り口にはホストが山のようにいました。一人で行くマッサージはいいのだが、新宿に向かう足取りは一人だとなんとも寂しい。
 なによりも昨今の摘発で客引き自体が減ったためか、自分が住人と認識されてるせいか誰も声をかけてくれないのもさらに寂しさを助長するなぁ。