タカノ・フルーツバー

 新宿駅東口まん前のさくらやの左にある、1FがGUCCIのビルの上のほうに、「タカノ・フルーツパーラー」と「タカノ・フルーツバー」がある。もともとは新宿のランドマークの1つであった高野だが、経営上いかんともしがたかったのか、自社で使っていた1・2FをGUCCIに貸してしまった。それが逆にイメージが高級化することになって、結果的にはよかったのだが。高野というとフルーツで有名だが、かつては水着や衣料なんかも売っていた。遠い昔、駆け出しの編集だった頃は世間がブルセラブームだったので、女子高生に着せる目的で(男1人で)透けそうな薄手の白水着を凝視して選び、買った記憶がある。そんな特殊な男の美しくない思い出はともかく、そのビルの5Fの「タカノ・フルーツパーラー」はいつでも満員だが今回の主題、ちょっと単価の貼るバイキング制の「タカノ・フルーツバー」は飯時以外は空いている。人口密度が低い。ガラス1枚隔てた「フルーツパーラー」は20人が並び、10分待ちだというのに。こっちは「余裕」だ。しかも、(バーは)基本的に女子専用なので、男は女に連れられなければ入ることができない。男が2人で「なんかフルーツくいてえなー」とか言って入ることはできないのである(フルーツパーラーには客の制約がないので、そんなかわいいチンピラさんもたまたま来てましたよ。勿論ほとんどの客層は女性です)。
 しかし、この空間。「人口密度」の低さは希少だ(ほめ言葉として言っている)。昼3時4時頃に男女で「重要な話」や「商談」とかを長めにするときなどは、このお店は最適ではないだろうか。安い喫茶店に入ると隣の席と30cmしか空いてないなんてこともよくあるが、ここなら広いし、時間制なので、ずーっと居られるし、話題につまったらバイキングなので新しい皿を持ってくればよい。甘くて美味しいものばかりなので元気になるし、血糖値も上がってるから脳味噌もそれなりの回転をしてくれる。もちろん食事もある。まあ2千何百円かするんで2人で5千円台だけど、その敷居があってか、人を選ぶのか、とっても余裕ある感じ。きっとデートでも仕事でも、うまくいくと思うよ。新宿東口でこの「快適度」が得られるならこの金額でも全然安いやと思った。おすすめです。(勿論混んでる時間帯もあるので注意!飯時をはずすのがポイント)

イタチョコグッズを使い倒す人

 長年使ってきた「イタチョコシステム」のサイテーバード小銭入れが逝ってしまったので、追悼で拡大写真でお届けします。多分イタチョコグッズをここまで長期的に実用に使ってきたのって俺だけだと思う。フライドチキンみたいな財布をレジ前で出すのは勇気がいるのだが、皮も剥がれて穴もだんだん大きくなり足もめくれて来たので、しょうがなく今日でお釈迦にします。もう今は、「イタチョコシステム」といってもMacユーザーのごく一部の人しかわかんないだろーな。まったく新宿に関係ない話題で申し訳ないが、葬る前に記録に残しておきたかったのですよ。
 
<新宿のごく一部の動向>
・職安通り沿いの焼肉大使館近辺に通りを挟んで向かい合わせで焼肉屋が2店オープン。店名はチェック漏れ。大使館側の歩道にある店はわりと高級な店構え。
・職安通りドンキより東新宿駅寄りに2つほど行った新宿飯店の角を入ったところにある韓国海鮮料理のお店(東海魚市場)が改装休業中。7月後半に(日付は忘れたので、店の前の告知看板を見てください)リニューアル開店予定。スカパーKNTVでは営業していないのにCMが流れていた。CMは止められなかった模様。
・ちょっと前、さくら通り付近にパトカーが居たのだが、なんだろうと思ってたら漫画ナックルズ8月号巻頭の新宿特写を見て納得。黒人と日本人の喧嘩があったのか。
●広告
ウイルス対策はいますぐダウンロードで!!

散歩の達人最新号

第一特集は高円寺・阿佐ヶ谷なのですが、
第二特集が大久保で、たいしたページ数はないですが、一般誌で載らない店が大量に掲載されているのでお勧めです。
 今回驚いたのは犬鍋のお店も普通に扱ってるところ。それでいて「ソウルより三河島より美味しい!」といわれているところ。過去20年にわたって、一般誌ではタブー気味に扱われてきたポシンタンだが、ここのところの日韓関連の動きのせいか、日本の雑誌でもここまで普通に紹介するところまできたんだねぇ。まあ新宿界隈で犬鍋といわれても別に驚かないけど。界隈のなんでもありな開放的なムードを上手く伝えています。大久保ドンキ隣のちょっと入りづらい24時間喫茶がファミレスと紹介されていて、なるほどそうかと思った。
 それにしても、大久保の店を紹介するたびに思うのは安い店と高い店の落差が激しい!旨いけど、高い店行くならソウル行ったほうが食費安いよ。
散歩の達人は鉄道弘済会系の出版社なので、コンビ・書店以外に駅のKIOSKなんかでも買えます。
●広告
ガンダム商品日本最大級の品揃え!

新刊雑誌

韓国SCREENの日本版、コリア・ムービーを某ルートで早めに読んだ。
値段が高いが、それに見合う内容となっている。
短期的に売りたいとか、流通だけを考えたら男アイドル俳優だけでもいいのだが、男女織り交ぜており女優萌えもOKな内容になっている。ややメジャー寄りだが、長期でやる気が見える。

付録がコレクター性に気を配ったものになっていたらベストに近かった。

スクラップ&ビルド情報

・歌舞伎町ドンキま向かいの小さいカメラ屋が閉店し、ビル工事に入っている。解体建て直しか改装か。
・アルタ右みずほ銀行の角からレンガ地の道を歌舞伎町方向に向かい靖国通り手前左手の回転寿司がなくなってファミリーマートに改装中。
暑くて家帰ってらんない。個人的な動きは元某放送局の人と打ち合わせてアニメ1本料理番組1本の話をまとめる方向で。
●広告
ラジオICレコーダー・トークマスターII

世界の山ちゃん7/7オープン

世界の山ちゃんの歌舞伎町1店目(西武新宿店)が、旧ととや(注:ととやもいくつもあるが、コマ前の店のほうではない)のあった場所に2004年7月7日オープン。新大久保にも店舗のある「幻の手羽先」が売りの、名古屋手羽先の名店だが、ものすごい勢いで業容拡大中。元ととやの店舗テナントスペースであれば、3フロアあるし、けっこうキャパがあるので入れるかなぁ。混むので予約をおすすめ(サイトからだと1週間前締め切りです)。
<行き方>
・新宿駅方向からだと、西武新宿駅・新宿プリンスホテルに向かい、駅脇の線路沿いの道を、ずーっと大久保方向へ。「新宿グリーンプラザ」が右手に見えるのでその角を右へ曲がって左手に写真の店舗があります。
・歌舞伎町セントラルロードからだと、コマ劇場の前側をひたすら通り抜けて、歌舞伎町交番を左。イメクラ「新宿女学院」(FUZOKU DXの看板)の左となりのビル。
サイトはここ
以下サイトよりコピペ
 世界の山ちゃん 西武新宿店オープン予定
 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2
 トキワビル2・3・4F
 TEL 03-3232-1035

ライブドアの登記上の本店って

 なぜか歌舞伎町にあるんだよなぁ。今は六本木ヒルズなのに。謎だ。
まさかこんな近くにあるとは思わなかったよ。 
注:登記上の本店と営業所の所在地が違うことは、一般企業で良くあることです。
一般論として、いわゆる創業地を残しておきたいという場合や、本店の移転における事務が多岐に渡る関係、税金の関係など理由はさまざまですが、特に特別ということではありません。
●広告
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

ちょっと隣国までいってました。

 帰りのNEXでライブドアの話になったら露骨に不快な表情をした人がいたので多分その人は韓国に行ったLD社員さんの予感がしましたが、まあそんなことはともかく隣国に95%プライベート5%仕事でいってきましたよ。
 今回の旅行の主なテーマは「韓国一の肉オタク」の店「ウリガンサン」に行くこと。ウリガンサンのガンサンとは「山と河」なのだが、「肉オタク」な店長が、韓国中を回って肉を買っているということで有名なその店はソウル市街から30分くらいかかる超郊外の住宅地にありました(地下鉄駅からは近い)。ピザハットの隣ですが、路面側は勝手口なので、店内に入るには裏側に回ることになります。
 食べてみると (この価格では)すばらしい感じでした。かつて仕事でやはりソウルのものすごい郊外にあるメイフィールドホテル併設の焼肉屋にも行ったことがありますが、(…高いけど旨い、でも高いなら旨いのは当たり前)と思っていたので、ウリガンサンも安くはないですけれど、比較的値頃でとても柔らかくなっている肉が出てきます。いわゆる値段比ではコストパフォーマンスの高い肉です。どうやら、人工的な熟成が多い中、熟成を自然に行っているとのことで、なるほどそれでこの旨みが出るんだなぁと思いました。おすすめです。
 接客の質もよく、日本人にも暖かいので非常に好感が持てます。各種クーポン券(ソウルナビのサイトにもある)が使えるのも魅力。全員分の冷麺がただになります。週刊アスキーの「カオスだもんね!」や「CREA」「TITLE」などの雑誌にも載っているのですが、わざわざ行くだけの価値はあるので、一度行かれることをおすすめします。
 ところで韓国ですが、確かに激安なツアーが出てますが「キムチ店・免税店めぐり」がつきすぎなところがあり、2万円台のツアーなんかだと午後着午前戻りの上に4店くらいまわらされ、実質的なフリー日が1日しかないなんていうものもあります。あまりお店回りばかりついている安いツアーを利用するよりも、航空券と宿を自分で手配したほうがお得だしうざくないし、滞在時間も長くなります。
 割安な航空券は季節によっては10000円ー25000円くらいで出てますので、いきなり航空券を買って、ホテルはネットで評判を見ながらキャンペーン価格のをツイン以上で予約(あちらのホテル代は部屋単位なので、1人頭なら1万のホテルでも2人なら5000円程度になります)、空港からホテルまではホテルの無料バスや、空港から市街まで(明洞やソウル駅まで、ソウル駅までなら1400円相当程度)のリムジンを使う前提で動けばかなり安く上がるのです。超貧乏旅行するとすれば、サウナや韓式旅館、バックパッカー宿(-3000円程度)に泊まるなんていう選択肢もありますから、実質的な旅費は4万円以下であげることが可能。
ただし安宿にお泊りの際はトラブルは自己責任ですので評判を良く見て行きましょう。中には絶賛されている安宿もありますよ。
<韓国のおきて>
・韓国渡航にビザはいりませんが、パスポートの残存期限が旅行日の時点で6ヶ月以上余っていることが必須です。
・どうやらエスカレーターはセンターより右寄りがゆっくり、左側が駆け上りのようです。
・安宿の場合トイレの脇に筒・壷があって、それに紙を入れることがあります。大半の零細施設は下水が細いので、日本のように紙を流すと詰まるためそうなっているようです。日本人が紙を流してつまらせるトラブルは毎日起こっています。大手ホテルなど、大きい所(筒のないところ)は大丈夫ですが。
・日本人はカップル以外の男性同士がダブルで寝ることはいやがりますが、韓国ではダブル寝に抵抗が無いのかツインのつもりで取ってもツインorダブルという設定になっている場合があります。「ツイン」かどうかは念押しするか、よくわかっている大手ホテルを取ったほうが無難です。
・日本語はいわゆる観光都市部(明洞等)でしか通じません最低限の言葉として挨拶とこれいくらですか、これください、ここへ行ってくださいにあたる語くらいは覚えておきましょう。タクシーが普及しており、一般タクシー(黒くないやつ)は初乗り160円くらいで乗れます。激安なので利用しましょう。行き先は「ハングルも英語の読みかなも入っている地図」があればプリントを渡すか、指差しながら行き先を読み上げるだけで行ってくれます。(現地語発音で「インサドン!」とか言えばいい)。ただし大衆タクシーでは(方角違いなどでたまに乗車拒否もあるので)不安な人は400円くらい初乗りの模範タクシー(黒)を利用しましょう。英語、日本語がある程度わかる方もいますし、ちゃんと客扱いされますし、総じてレベルが高いです。
・地下鉄は7月1日から初乗りが旧来の70円相当から90円相当(地下鉄カード所持者は80円)に改定されました。
・ウォンはだいたい最後の桁を切り捨てると円と同じ感覚になるので分かりやすいです。10000W=約1000YEN。
物価は商品によっては日本と同じですが、日本の7掛けくらいの感覚です。
「安い航空券を取るには」
HIS(値段はかなり安い。ただし飛行機指定。3日前発券締め切り。営業所に行ったらネットの値段を見たと伝えないと別のを当てられるので注意)
FLEX(高田馬場) 
トラベルコ(右の帯で、もっとも安いのがわかる) 
JAKO(韓国系・高田馬場)
アルキカタ.com(緊急発券手数料込みでの前日昼1時までの入金は翌日発券空港渡し可能とのことなので2日前にその気になっても安心) 
大久保ドンキホーテ前の、出店「HANARO」などでも航空券は売っています。
「安い宿を取るには」
旅の窓口(上のバナーから、海外ホテル予約で)