今はもう無い「ゆたか」

 ゆたかは高田馬場で関西風のおでんとうなぎを出す名店で、よく同僚の人が昼間から酔っ払っているところだった。
 高田馬場には少なくとも接待に使えるレベルとしての大人の店は少なく、その中では同店は接客も丁寧で、いわゆる居酒屋としてもレベルは高いものだった。駅前すぐだというのに狸の置物が置いてある渋い店だったが、時代の変化で、近年跡地は吉野家になってしまったのは寂しい限りだ。
 マッチ箱だけをなぜか捨てられずに持っていたので、ここで形にしておこうと思ったというだけのログ。なぜ捨てられないのかは多分この秀逸な「おやじです」のイラストのせいかと。

8/1,2,3に花園神社で盆踊り開催

例年通り、新宿・花園神社(新宿5丁目交差点付近にあります)にて、盆踊りが開かれる。
連日午後7時より。
2年前の模様はこちら。
氏子会と、過去に行った人のHPによれば、
・飛び入り大歓迎
・踊りのコンテストがある。記念品は大量。
・普段着でも問題ない。
とのこと。
花園神社のサイトによれば、
>帰省できない方、盆踊りを知らない若い方など、都会に住む人たちにもお盆の風情を味わっていただくことが目的です。
というのが泣かせる。新宿は懐が広いなぁ。

きょうは会社から一歩も外へ出なかったよ

 DVDを作ってました。
昨日以前は裏新宿をレンタル鯖に移そうと試行錯誤中でした。
そのうち移るかも。
きょうのリンク
新宿にだけある謎ジャンル韓国中華 などの謎情報。「北京」は僕もたまにいきますが、看板かけかわったような。ちょっと情報が古いので、やんばるの地下のお店は「伊吹」脇に移動してしまったのとか、桂花が駅前は1店に統合されているのが反映されてません。
同じサイトで大久保の項目もあります。

べんてんと高田馬場

高田馬場は巨食の街である。若者向けの店は大盛りが基本だ。ここ(べんてん)か、高田馬場日拓裏am/pm右の「ミスティ」でスパゲティを食べれば確実に体感できる。べんてんは並盛でも通常の2倍。普通の人なら7分も盛ってもらえばもう十分という状況だ。大盛りを頼むと4人前相当のものが出て来る。そんな巨食対応でありつつも、べんてんは高田馬場での「旨い」ラーメン屋の代表格でもある。旨いんだけど、体調を選ぶ。客層も、この暑さに外に並べる体力と食べる体力を要求される。男の店という感じ。
今日の朝食はこれでした(涙)。
早稲田界隈にラーメン街があることもあり、この街ではラーメン店主がアイドルである。
街中でべんてん店長や、がんこラーメンの総帥に会ったりするが、ラーメンマニアの人たちは、「朝から良いものを見た」といわんばかりに目が輝く。
ラーメン店主が幅を利かせる街、そんなどうでもいい高田馬場は愛すべき町だ。
「蕎麦屋にいったら、××ラーメン店主のサインがあったよ」などという情報が交換されあったりしている。
まあ実際ラーメン店が出来たり消えたり、地方から出てきたりするのが頻繁なので、高田馬場でラーメンの話題が中心になるのはしょうがないともいえる。
最近の高田馬場では、裏通りの飲食店が結託し、「裏馬場」などという流れを作りつつあるが、そんな無理に作られた裏馬場でも、僅かにあるおすすめなお店として「エピスカレー」がある。
それは今回の主題ではないので特に場所などは細かく書きませんが、美味しいのでランチタイムにでも足を運んでみてほしい。
新宿から高田馬場は、歌舞伎町から西武新宿線で1駅。JRで新宿駅から2駅だ。
べんてんの場所はJR高田馬場駅を出て、早稲田通りを右へ。ロータリー沿いの稲門ビル1F「ファーストキッチン」を左折(注:BIGBOX内のファーストキッチンではない)、しばらく坂を下りると右側にファミリーマートがあるのでそこを右折、川沿い右側を3-4区画ほど歩いていくと、人が並んでいるのが見えるのでそこです。ほとんど原型を留めてないのれんが目印。現状の営業時間は写真参照。
エピスカレーもそこから3分以内でいける場所にある。場所は他のサイトなどで確認を。

マクドナルド西武新宿店がリニューアルオープン

西武新宿駅をPePe入り口エスカレータ下から出て、歌舞伎町方面へ信号を渡りすぐ。日拓との間の区画にある「マクドナルド」は改装につき閉店を続けていたが、23日に再オープンした。あまり知られていないが、同店はマックが700号目を記念した店だ。駅を見下ろせる環境なので、西武線沿線の人とのデートなどの待ち合わせには便利な場所だが、週末は深夜も営業するなどかなり変則な感じだ。営業時間はそのうちupしたい。
あと、以前のエントリーにあった、職安通りに開店予定の新しいオムニ食堂は8月に伸びました

青山ブックセンター新宿店跡地にブックファーストが8月開店

 先日閉店したABC(青山ブックセンター)新宿店。南口界隈に大きな打撃を生んだ倒産劇であったが、跡地には渋谷等でおなじみの大型店、ブックファーストが新宿にも出店してくるとのこと。ルミネ1・2両店舗とも使用する。詳細は新文化のウェブサイトで。
青山BCについては実は書店として坪単価の効率は高く、別事業の失敗という声もあり支援活動も動き出しているようだ。(新聞記事)
2ちゃんで「決めた。俺が買う」とか言ってた人もいたけど、それはネタとしても、あの個性的な棚構成のお店が無くなってしまうと、一部の業界的な損失(写真やアート系・デザイン・建築系等)は大きい。しかしいくら再建しても、棚構成やってた人が残んないと意味ないけどね。
(7/26追記 民事再生の可能性が出てきました。)
http://www.shinbunka.co.jp/

マニウィングを買ってみた。

とりあえず会社で2日ほど寝てみる。わりといい感じだ。
というか普通会社で寝たくないよなぁ。
人生捨ててます。
いちおうBlogのテーマの新宿ネタに沿って書くと、新宿では東急ハンズ新宿店(タイムズスクエア)と、ドン・キホーテの職安通り沿いのほうのお店で買えます。私は楽天で最安値検索で買いましたが。

喫茶上高地が閉店

歌舞伎町案内人サイトより
7月23日の歌舞伎町案内人日記 によれば、歌舞伎町一番街の「喫茶上高地」が25日の深夜で閉店とのこと。
DEEP歌舞伎町スポットとしては歴史のある場所だけに、残念でもある。写真は李小牧氏のサイトにたくさんあるので拡大して鑑賞してみて欲しい。なんてことはない喫茶店だが、40年の歴史がある。元は名曲喫茶→同伴喫茶→現在の普通の喫茶店(一部カラオケ)形態と実にいろんな変遷を経た場所であったという。数々の思い出が詰まっている中高年の人も居るのだろう。これも未確認情報だがリンク先によればビジネスホテルへと形を変えるようだ。
向かいの同伴もテレクラみたいになったし、どんどん一番街近辺のお店も名前を変えて行く。

刀削麺を食べてきた

刀削麺菜館(とうしょうめんさいかん)に行ってきた。神田にある同名のお店と姉妹店のようだ。

刀で削った麺。片手に小麦をこねたかたまりを、もう一方の手には包丁を持ち沸騰したお湯に直接削ぎ落とすという製法で作られるという。中国・西安の料理だ。店はバーカウンターのようなものがあり、ダーツもあったりする、よく言えばお洒落、違う言い方をすれば、クラブに月曜日に訪れたような雰囲気だったので少しだけ不安になる。しかし料理は本格だ。

刀削麺は実に腹持ちがいい。麺自体の密度が高いので、なかなか底まで到達するのが難しいほどだ。小もあるのだが、お腹がそんなに空いてない人や、他の食事と一緒の人は小を頼んだほうがいいかもしれない。でも美味しかった(メニューにもよるだろう)。べんてんやラーメン二郎が食べられる人なら、普通サイズでもいける。

ふかひれ料理をわりとほめてるリンク

しかし百名以上が収容できる規模だ。ここまで大規模な店舗になっているとは思わなかった。ちょっとその点では人を選ぶ。宴会でも使えるんだろうけど、麺はお腹が重くなる感じなので、宴会でもし行くときは麺以外の中華かなぁ。歌舞伎町の映画帰りや(「マッハ」のエントリーのリンク先のシネシティサイトによれば当日の映画半券でフカヒレミラクルコース5000円→2980円の割引があるらしい)、深夜に適当に1杯程度にはいいかもしれない。

場所は東宝会館の地下(東宝会館サウナや、24時間(?)クリーニング店、クラブハイツなどのある建物だ)。いわゆるコマの続きにある、コマ劇場の入り口向かいから見て左側の大きいビル。ロッテリア前から地下に行く階段をおりて、エスカレータをはさんで正面。営業時間はリンク先参照。

オフィシャル(ぐるなび)

※2009.11現在、東宝会館建て替えのため立ち退いています。